コノコトトモニ

  • ログイン
  • ショップ

コノコトトモニ

  1. 犬が誤飲して嘔吐!症状や対策を知り、冷静に行動しましょう
犬が誤飲して嘔吐!症状や対策を知り、冷静に行動しましょう 犬が誤飲して嘔吐!症状や対策を知り、冷静に行動しましょう

犬の健康・ケガ・病気

犬が誤飲して嘔吐!症状や対策を知り、冷静に行動しましょう

飼い主様のちょっとした隙を盗んで愛犬が体に害のある危険な食べ物や、食べ物では無い物を食べてしまう誤飲。この誤飲は子犬の時期に起こってしまう確率が高いと言われていますが、状況によっては成犬にも起こってしまう可能性があります。

万が一、愛犬が誤飲をしてしまった時に飼い主様が冷静に対処出来るように誤飲の症状と対策を知っておきましょう。ここでは愛犬が誤飲をしてしまった時の症状や対策をご紹介していきますので、ぜひご覧ください。

 

誤飲は大きく分けて3パターンあります

飼い主様のちょっとした隙を盗んで愛犬が体に害のある危険な食べ物や、食べ物では無い物を食べてしまう誤飲ですが、誤飲は大きく分けて3つのパターンがあります。飼い主様は「愛犬の誤飲にはどんなものがあるのか」を予防の為にも知っておく必要があると言えます。まず大きく分けた3つの誤飲のパターンをご紹介していきますので、もしも時のために覚えておきましょう。

犬の体に害があるものを食べた

食べると中毒症状を引き起こすといわれている物を食べてしまうことが、このパターンに当てはまります。例えばチョコレートや、玉ねぎ等のネギ類、たばこ、人間用の薬などが愛犬に中毒症状が起こる非常に危険な誤飲物とされています。

食べても体に問題はないが、危険な形・大きさのものを食べた

基本的に犬の体に害はない食べ物であっても、犬の喉や食道に詰まる可能性の大きさがある食べ物を食べた場合などがこのパターンに当てはまります。例えば、形の大きな果物や野菜、塊の肉類などを愛犬が噛まずに呑み込んでしまうことで喉や食道に詰まる可能性があります。

食べものでないものを食べてしまった

例えば、プラスチックで出来た犬用のおもちゃをそのまま飲み込んでしまったり、ビニールで出来たお菓子の袋を食べてしまったり、唐揚げなどについている爪楊枝を飲み込んでしまったなどというケースがこのパターンに当てはまります。

 

誤飲が起こりやすいのは0歳から1歳の子犬

子犬の時期はとても好奇心旺盛で、何でも口に入れて呑み込んでしまうことが多いです。そのため、特に誤飲が起こる確率が高いと言われているのは0歳~1歳の子犬とされています。好奇心旺盛の子犬の時には、飼い主様も驚いてしまうような子犬の口内に入りきらないようなものまで呑み込んでいることもあります。

また子犬が病院に駆け込むケースは、夜間が多いとされています。これは夜ご飯の後に飼い主様が目を離した隙に残り物を食べてしまったということが原因の多くを占めています。この他に子犬の誤飲が一番多く報告される時期は年末年始などのイベントでも起こりやすいと言われています。飼い主様が忙しくて子犬から目を離す場合は一旦子犬をケージに入れることや、人間の赤ちゃんと同じように口に入れてはいけないものは低い場所に置かないなど予防をして日常的に注意を払う必要があります。

 

誤飲すると、どのような症状が起こるの?

愛犬が誤飲をした場合、呑み込んだものが愛犬の体内のどこに詰まってしまっているかで誤飲の症状が変わってきます。では、もしも誤飲してしまった場合の様々な症状をみていきましょう。

気道で詰まった場合、呼吸困難の危険性

症状:呼吸困難。

形の大きな果物や塊の肉類、歯磨きガムなどをそのまま愛犬が呑み込んで喉に詰まらせてしまうことで呼吸の気道が塞がれて呼吸困難に陥ってしまうこともあります。気道で詰まるケースは命にかかわる場合もあるため、誤飲が引き起こす最も危険な症状とされています。

食道で詰まると咳をしたり、えずいたりします

症状:咳込む、「グーグー」と苦しそうな呼吸を繰り返す、えずいたり、よだれが出る。

犬は食べ物を噛まずに呑み込んでしまうことが多いため、ジャーキーやササミ等のおやつが食道に詰まってしまう場合があります。特に多いとされているのが、小型犬が体格に合わない大きさの食べ物を呑み込んでしまうケースです。食道は気道のそばにあり、詰まった食べ物によって気道を圧迫してしまうと呼吸困難になる恐れがありますので注意しましょう。

胃で詰まると嘔吐や下痢の可能性が

症状:食欲不振、激しい嘔吐、下痢など(無症状なケースも多い)。

誤飲した異物が食道を通過して胃に到達してしまった場合、呑み込んだ異物によっては無症状なケースも起こってしまうとされており、飼い主様が愛犬の異変に気付いた時にはすでに重症化していたという場合もあります。愛犬の食欲がない場合や、繰り返し嘔吐するなどの異常を感じたら一度、動物病院に相談してみましょう。

腸で詰まると腹痛や激しい嘔吐に襲われる

症状:食欲不振、激しい嘔吐、腹痛

誤飲した異物が食道や胃を通過して、腸にまで到達してしまうと大変危険です。体内でも腸は繊細な臓器とされており、食べ物や異物が腸に詰まることでその部分から壊死する場合や、腸捻転や腸閉塞といった症状を起こすことがあるため誤飲が引き起こす危険な症状の1つとされています。

 

誤飲した際の処置の仕方とは?

飼い主様は愛犬が誤飲してしまったと分かっている場合や、愛犬に誤飲の疑いがある場合などはすぐに動物病院で適切な処置を受ける必要があります。また自宅での処置を行わず急いで動物病院に愛犬を連れて行かなければいけない状況は以下の場合とされます。

・愛犬の意識が無い時
・先の鋭利な爪楊枝やガラス片の誤飲
・洗剤や殺虫剤の誤飲
・人間用の薬を呑み込んだ場合

以上に該当する場合は処置が変わって来ますので、必ずかかりつけの獣医師様に見て貰う必要があります。飼い主様は処置をせず緊急で動物病院へ連れて行きましょう。

しかし、愛犬に窒息死の危険性がある場合は飼い主様が冷静かつ迅速に処置をしなくてはいけない状況でもあります。もしも愛犬が誤飲をした際に出来る、正しい処置の仕方についても覚えておくことは、愛犬の命を助けることに繋がりますので、ぜひご覧ください。

誤飲した際の重要なポイント:まず大切なことは、愛犬が誤飲した時こそ飼い主様は冷静に対処するように心がけましょう。また愛犬が何を呑み込んだか、どの部分に詰まっているのかを状況を見て、出来る限り迅速に対応してください。

窒息の危険性があるときは嘔吐処理を!

愛犬が呼吸困難に陥っている場合は、窒息死の危険性があります。飼い主様はただちに愛犬の気道に詰まった異物を取り出す嘔吐処理を行い、出来る限り迅速な気道の確保を行うようにしましょう。ここで誤飲物を吐き出す嘔吐処理の手順についてご紹介します。

①愛犬の口を開けて懐中電灯などで照らし異物を確認します。ここで異物が喉の奥に見えている場合は、ピンセットなどでゆっくりと異物を取り出してください。しかし、ピンセットでも取り出せない、異物が確認出来ない時は喉の奥に異物が詰まっている場合です。(状況によっては気道が塞がれており窒息の可能性もあります。)

②小型犬の場合は、逆さに持ち上げて「背中」を叩いて異物を外へ吐き出すように促してください。大型犬の場合は、逆さに持ち上げることが出来ないと判断した時は、横向きに寝かせて肋骨の下をグッと押し上げるようにすると咳込んで異物を外へ吐き出すことがあります。

③また愛犬が異物を吐き出さない場合は、細い棒を使い喉の奥に優しく押し込んだ方が良い場合もあります。押し込むと異物が胃に入ることになりますが、大切なことは愛犬が窒息死をしないように呼吸が出来る気道を確保することです。

誤飲してすぐの場合はオキシドールを飲ませましょう

犬の体に有害な食べ物とされる、チョコレート、玉ねぎやネギ類、たばこなどを誤飲して1時間以内である場合は、愛犬にオキシドールを飲ませることで胃の中にある異物を吐き出させることが出来ます。「オキシドールって消毒に使われるけど、飲ませて大丈夫なの?」と不安になる飼い主様もいらっしゃるかと思いますが、オキシドールは生物の体内に入ると酸素に分解されるので体内に残ることが無い比較的安全な処置です。

愛犬にオキシドールを飲ませた場合、胃の中のオキシドールが胃酸に反応し、酸素ガスに変わります。体に害のない酸素ガスが胃の中に大量に溜まることで嘔吐が誘発されるという仕組みです。またオキシドールで異物を吐いた後は、多少胃が荒れることがありますので、こまめな水分補給と動物病院での適切な治療を受けることをおすすめします。もしも愛犬が体に有害な食べ物を誤飲してしまった場合のオキシドールの飲ませる手順をご説明します。

①オキシドールを水で3倍に薄めたものを、愛犬の体重1kgあたり1ml~2mlほど口の端からスポイドやシリンジなどを使って飲ませる。

②異物を吐くまでは3回ほど続ける。オキシドールを飲ませるとすぐに吐くこともありますが、10分~15分経過しても吐かない場合は再度オキシドールを飲ませましょう。

③オキシドールを2~3回繰り返しても愛犬が異物を吐き出さない場合は、動物病院に連れて行く必要があります。

注意点:1時間以上は誤飲物が胃を通過してしまうので吐かせることが出来なくなります。また愛犬の体格や持病が心配な場合は一度、動物病院に電話での確認をしたあとで使用することをおすすめします。

嘔吐物に血が混じっている場合は速やかに動物病院へ

愛犬が異物を飲み込んだ際に食道内壁が傷付いていると嘔吐物に血が混ざる可能性があります。食道内壁に傷が付くと言うことは愛犬が鋭利な異物(爪楊枝や竹串など)を飲み込んだことが考えられます。また誤飲以外の食道や胃の腫瘍でも嘔吐物に血が混ざります。誤飲のほかにも病気の可能性もありますので愛犬の嘔吐物に血が混じっている場合は速やかに動物病院へ連れて行きましょう。

嘔吐物に胃液が混じっている場合は空腹からくる嘔吐

空腹時間が長いことでご飯を食べた後、未消化のまますぐ吐き戻してしまう「空腹吐き」は未消化のご飯と胃液が混ざっていることがあります。また空腹によって消化液である胃液や胆汁液が分泌され、胃粘膜を刺激することで黄色い分泌液を吐き出してしまう嘔吐もあります。空腹からくる嘔吐は基本的に問題の無い症状とされていますが、繰り返すと癖になってしまう可能性があるとされており、また消化液が食道を刺激することで炎症が起こる場合もあります。飼い主様が愛犬の症状を異常と感じたら一度、動物病院に相談してみましょう。

 

よくある誤飲物と誤飲による危険性

愛犬達に起こる誤飲は家の中に普段置かれているものがほとんどです。飼い主様が愛犬の口に入らないように日常的に気を付けることで危険な誤飲を防げます。ここでは愛犬によくある誤飲物と誤飲による危険性があるものを、まとめてご紹介していきますので、ぜひ予防に繋げてくださいね。

プラスチック

プラスチックはぬいぐるみの目や鼻に使われていたり、ペットボトルのキャップなど愛犬がおもちゃで使うものや、ボールペンやリモコンなど愛犬がよく悪戯をしてしまう物でもよく使われています。プラスチック製品は愛犬が誤飲してしまうと内臓や食道を傷つけてしまう可能性や、キャップなどはそのまま飲み込んで食道に詰まるケースもあるので大変危険です。

ゴム

ゴム製のもので愛犬によくある誤飲は、輪ゴム、ヘアゴム、消しゴムなどの小物が多く報告されています。主に消しゴムなどは歯ごたえがあり愛犬が良く好んでかじるものですが、万が一誤飲してしまった場合、食道に詰まる可能性やゴム製のものは消化されないため胃の中に留まる危険性があります。

つまようじ(竹串類)

愛犬が誤飲してしまうことの多くを占める爪楊枝や竹串類は、特に愛犬が好む鶏肉料理の唐揚げや串カツを爪楊枝や竹串ごと食べてしまうことが主な原因です。爪楊枝や竹串は先が尖っているため内臓が傷付く可能性もあり、とても危険です。誤飲したと分かった場合はすぐに動物病院に連れて行きましょう。

果物の種

日常的に果物や野菜を食べている愛犬の場合、果物の種を違和感なく食べてしまい喉に詰まらせてしまうケースや、おもちゃ代わりに遊んでいて飲み込んでしまうケースがあります。特に喉に詰まりやすい大きさの種であるスモモ、柿、アボカド、プルーンなどは注意が必要です。

薬や医療品

人間が使うシップや薬を誤って食べてしまった場合、すぐに愛犬を動物病院に連れて行きましょう。また、愛犬が誤飲をしてしまった薬の種類によって治療が異なる為、愛犬が誤飲した薬が何だったのか、かかりつけの獣医師様に伝える必要があります。べた薬の容器も一緒に持って行きましょう。

たばこ(たばこの吸い殻)

子犬の時期に多い誤飲と言われている、たばこや吸い殻の誤飲は、たばこに含まれるニコチンにより、非常に危険な中毒症状を引き起こすことがあります。また子犬や成犬に関わらず、たばこを大量に誤飲した場合はすぐに動物病院に連れて行く必要があります。

ビニール袋

ビニール類で一番多い誤飲は、食べ物を包んでいたラップです。美味しそうな匂いがしてゴミ箱から盗んで食べてしまうケースがあるとされています。またビニール類は消化が出来ないため愛犬の胃の中に留まる危険性があります。

ネギ類やチョコレート

愛犬が中毒症状を引き起こすとされる犬の体に有害な食べ物は、主にネギ類やチョコレートです。これらは愛犬に貧血を引き起こすと危険な誤飲の代表によくあげられますが、このほかにも愛犬が誤飲した時に危険な中毒症状を引き起こす食べ物がありますのでいくつかご紹介させていただきます。

①ぶどう、レーズン(干しブドウを含む):症状:嘔吐、下痢、腎不全
②銀杏:症状:消化不良、嘔吐、下痢、痙攣、発熱
③キシリトール:症状:血糖値の低下、歩行困難、内出血
④マカダミアナッツ:症状:嘔吐、高熱、硬直、心拍の増加

以上の4種類が人間にとっては問題のない食べ物でも愛犬が食べてしまうと中毒症状が引き起こる危険性のある食べ物です。また、ぶどうやマカダミアナッツの毒性の詳細は不明とされていますが症例は存在します。おつまみやおやつで食べることが多いナッツ系は床に落としてしまっていたり、食べたあとの放置によって愛犬が誤飲してしまうことがあるので飼い主様は注意してください。

 

まとめ

飼い主様のちょっとした隙を盗んで愛犬が体に害のある危険な食べ物や、食べ物では無い物を食べてしまう誤飲は愛犬の命に関わることが多いです。

愛犬が誤飲してしまった時、飼い主様が冷静に対処出来るように、ここでもう一度、誤飲の症状をまとめましょう。

・気道で詰まった場合、呼吸困難が起きる
・食道で詰まると咳や、えずいたりする
・胃で詰まると嘔吐や下痢が起きる
・腸で詰まると腹痛や激しい嘔吐に襲われる

飼い主様は愛犬に誤飲の症状が現れた場合、動物病院に連れて行った方がいいのか、自宅ですぐに処置を施さなければいけないかどうかを冷静に判断してください。

またこの時、愛犬が呼吸困難に陥ってしまった場合や体に害のある食べ物の誤飲の処置はすぐに行う必要がある対処と言えますので以下の対処法も併せて覚えておきましょう。

・窒息の危険性があるときは嘔吐処理を!
・誤飲してすぐの場合はオキシドールを飲ませましょう

非常時の時こそ飼い主様が冷静に対処する必要があります。落ち着いて愛犬の状態を把握して正しい対応をとることが愛犬の命を繋ぐ最善の手段です。また、自分では出来ないと判断した時は迷わず動物病院に連れて行ってあげることも大切な判断です

記事ランキング

商品ラインナップ

  • このこのごはん

    このこのごはん

  • お口げんき このこのふりかけ

    お口げんき
    このこのふりかけ

人気のタグ