コノコトトモニ

  • ログイン
  • ショップ

コノコトトモニ

  1. 愛犬の歯周病対策は大丈夫?歯周病になるとどんな症状がでるの?
愛犬の歯周病対策は大丈夫?歯周病になるとどんな症状がでるの? 愛犬の歯周病対策は大丈夫?歯周病になるとどんな症状がでるの?

犬の健康・ケガ・病気

愛犬の歯周病対策は大丈夫?歯周病になるとどんな症状がでるの?

犬も歯周病にかかることをご存知でしたか?

わんちゃんはその歯の構造から虫歯にはなりにくいとされていますが、実は歯周病にはなりやすく、3歳以上のわんちゃんの約8割が、歯周病もしくは歯周病予備軍といわれています。

歯周病の進行を放置すると、歯を永遠に失うだけでなく、様々な健康被害を引き起こします。

歯周病は日々の予防が最も大切で、それが可能な病気なのです。

ではどのような症状が現れるのか、予防策と一緒にご紹介します。

犬の歯周病ってどんな症状なの?

まず歯周病とは?

歯周病とはその名の通り、歯周病菌によって引き起こされる歯の周囲の病気です。

歯の周囲には、「歯肉」「セメント質」「歯槽骨」「歯根膜」という四つの組織=「歯周組織」があります。

この歯周組織に異常が起こることが歯周病で、歯そのものの病気が虫歯となります。

犬の口内は弱アルカリ性を保っているため虫歯にはなりにくいですが、歯周病にはかかります。

歯周病は主に「歯肉炎」と「歯周炎」に分かれます。

歯肉炎

歯周組織の中で、一番外側にある「歯肉」が炎症すると「歯肉炎」となります。

歯肉炎は軽度であることが多く、歯肉の発赤もや症状もそれほど目立ちません。

歯の表面に歯石が少し付いている程度ですので、すぐにケアをすることで進行を止めることができます。

歯周炎

歯肉炎に気づかずそのまま放置してしまうと、炎症が進行し、細菌が歯槽骨や歯根膜まで侵入すると、内部の骨が溶け出し、ここに歯周ポケットが形成されます。

この中でさらに歯周病菌が繁殖し蓄積すると、歯周炎となります。

歯周炎は抗生物質などのお薬を用いて治療をしても、細菌を除去することが出来ず、完治が難しくなってしまいます。

歯周炎になると歯肉の発赤や腫れ・口臭などが目立つようになり、飼い主さんもようやく気付くケースが多くなりますが、ここまで進行するとすでに痛みがあるため、口元を触らせてくれないわんちゃんも多くなるので注意が必要です。

 

どんな症状があるの?

歯肉炎や歯周炎の症状には以下のようなものがあります。

・歯の痛み

・歯肉の発赤

・歯のぐらつき

・ドッグフードなど固い物が食べれない

・食欲不振

・口内の臭い

・歯茎の腫れ、出血

・よだれの増加

・目、顎の下の腫れ

歯周病の症状は、外から観察しただけでは分からないことが多く、見た目の異常が起きた場合、かなり進行している可能性が高くなります。

 

ひどくなると大変な病気になる可能性も…。

歯槽膿漏

歯周炎がひどくなると歯が溶け出し、本来は隠れているはずの歯の根元である歯根部が露出してしまい、歯が抜ける原因となります。

また、歯根部に膿がたまり溢れ出すようになります。これを歯槽膿漏といいます。

眼下化膿瘍(がんかかのうよう)

歯槽膿漏が進行すると、上の歯は目の下、下の歯は顎の部分に膿がたまりやすくなります。

これが蓄積されて限界がくると破裂し、裂けた部分から大量の血液と膿が出てきます。

これを眼下化膿瘍といいます。

口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろうこう)

わんちゃんの上顎にある犬歯の根元の横は、鼻と繋がっています。

そのため、歯周病が大きく進行してしまうと根元に穴が開き、歯と鼻の間にトンネル状の穴が出来てしまいます。

この状態を口腔鼻腔瘻といいます。口腔鼻腔瘻になると歯周病菌が鼻に侵入し、くしゃみ、鼻水を引き起こします。

ただの鼻炎と思い動物病院に連れて行くと、歯周病の症状だった、というケースも少なくありません。

下顎骨骨折

小型犬の場合は、下顎の骨の厚さに比べると歯の方が大きいため、歯の根元と下顎骨のラインが同じような位置にあります。

このため、炎症が進行して下顎骨が溶けてしまうと、食事の際に硬いものを噛んだり、外部からの衝撃が加わったりすると、下顎骨が骨折してしまう可能性があります。

内臓の病気

さらに、歯周病菌が歯周組織の血管から血液内に入り込み、心臓や腎臓などの重要な臓器に侵入してしまうと、心臓病(弁膜症や心内膜炎)や腎臓病、肝臓病、肺炎などを引き起こし、最悪の場合はそれが原因で命を落とすこともあります。

 

どうして歯周病になってしまうの?

私たち人間とわんちゃんの口内のpHや成分は異なります。

そのため人間に比べわんちゃんの方が歯石が出来やすく、その結果歯周病になりやすいと言われています。

歯垢と歯石

わんちゃんの口内に、残った食べかすなどを栄養源にして細菌が発生します。

通常は唾液の成分によりこの細菌は流されますが、食べかすが多かったり、奥歯や歯茎、歯と歯の間などは細菌が流されにくいため、そのまま残り歯の表面に付着してしまいます。

これを歯垢といいます。歯垢が除去されないまま硬くなり、歯ブラシなどでこすっても取れなくなったものが歯石です。

歯垢はわずか3~5日で歯石となります。

歯周病の大きな原因はこの歯垢と歯石です。

普段ウェットフードの食事が多かったり、飼い主さんのデンタルケアが疎かになることが主な要因とされています。

口内の傷

わんちゃんが硬いものや尖ったものを口にすると歯茎に傷がつき、この傷から細菌が侵入し炎症が広がり、歯周病の原因となることがあります。

この場合は、原因となる傷が完治すれば歯周病も収まるケースが多いです。

小型犬や高齢犬

小型犬は顎や歯が小さいため、歯周病になりやすいとされています。

特にダックスフンドやトイプードル、チワワ、マルチーズなどは歯と歯の間が他の犬種に比べ狭く、密集しているため、歯垢がたまりやすくなっているので注意が必要です。

また、高齢のわんちゃんは加齢により、唾液の分泌が少なくなり、口内の洗浄能力が低下してしまいます。

そのため歯周ポケットが増加したり、歯の強度が弱体化するため、高齢犬も歯周病リスクが高まります。

短頭種

パグやフレンチブルドッグ、シーズー、ボストンテリアなどの短頭種は、上顎の犬歯が横並びの形状という特殊な構造のため、歯並びが悪化しやすく歯周病が進行しやすいとされています。

歯磨きをして歯周病を予防しよう!

歯周病が重症化し、投薬では治療できない場合、進行の度合いや獣医師さんにもよりますが、多くは全身麻酔下での治療が必要となります。

全身麻酔は歯石除去や歯周ポケットの治療、見た目の改善などのメリットはありますが、持病がある子や高齢犬は麻酔が難しかったり、健康なわんちゃんでも命を落とす可能性があったりと、様々なデメリットもあります。

治療費も高価のため、悩む飼い主さんも少なくありません。

また、治療をしてもその後の歯磨きを怠ってしまうと、歯周病は再発しますので、日々のデンタルケアは非常に重要となります。

歯周病の一番重要な予防策は毎日の歯磨きです。

犬用歯ブラシは、形状が360度ブラシが付いているものや、柄が曲がるもの、ブラシがとても柔らかいものなど、様々な形のものが販売されていますので、わんちゃんに合った歯ブラシを使って歯磨きしてあげましょう。

歯垢が歯石に進行する前の予防が大切ですので、一日一回の歯磨きが理想です。

しかし、歯ブラシに慣れていないわんちゃんや、なかなか口の中を見せてくれない子も多く、悩む飼い主さんも多いと思います。

そこで、歯ブラシによる歯磨き以外でも、毎日できるデンタルケアをいくつかご紹介します。

歯磨きシートやガーゼ

口の中を触らせてくれるわんちゃんには、シート状のものを使用してみましょう。

飼い主さんの指に指に巻き付け、歯や歯茎を優しく撫でるように擦ります。

チキン味などの様々なペースト状の歯磨き粉も販売されていますので、ガーゼに塗って試してみるのもおすすめです。

歯磨き効果のある硬いガム

硬いものを噛むことで歯垢を除去することが出来るとされています。

ただし、あまり大きすぎる形状のガムだと、わんちゃんの口の中を傷つけてしまう可能性もあるので、その子にあった大きさのガムを選んであげましょう。

そのままわんちゃんに与えるのではなく、飼い主さんが手に持ったまま噛ませてあげると、長く噛むことができ、歯垢を流す唾液の分泌の促進にも繋がるのでおすすめです。特に奥歯で長く噛ませてあげることを意識してあげましょう。

歯周病予防効果のあるドッグフード(デンタルフード)やサプリメント

デンタルフードは特殊な形状をしており、通常のドッグフードに比べ歯石がつきにくいとされています。

特に普段ウェットフードなど柔らかいご飯を食べているわんちゃんには、硬めのデンタルフードに変更するだけでも歯周病予防が大きく期待できます。

また、最近では口内の細菌環境を調節するサプリメントも販売されていますので、かかりつけの獣医師さんに相談してみるのも良いでしょう。

しかし、ガムやデンタルフードはあくまで補助的役割であり、これだけでは歯周病予防は完全にはできません。

一番の予防策は歯ブラシやシートによる歯磨きですので、おやつなどを用いて少しずつ歯磨きに慣れさせるトレーニングを行いましょう。

どうしても歯磨きが苦手なわんちゃんには、トリミングの際にプロの方にデンタルケアをお願いすることも一つの方法です。

まとめ

わんちゃんは虫歯にはなりにくいため、デンタルケアの必要性を知らない飼い主さんも多く、歯周病が原因で亡くなってしまうわんちゃんも少なくありません。

歯周病は最初は症状が出にくく、飼い主さんが気づいた時には重症化しており、手遅れになっているケースも多くあります。

歯周病を軽視せず、少しでも症状に気が付いたら、すぐにかかりつけの獣医師さんに相談しましょう。

記事ランキング

商品ラインナップ

  • このこのごはん

    このこのごはん

  • お口げんき このこのふりかけ

    お口げんき
    このこのふりかけ

人気のタグ