コノコトトモニ

  • ログイン
  • ショップ

コノコトトモニ

  1. 犬用のボールが家にあるもので簡単に手作りできます!
犬用のボールが家にあるもので簡単に手作りできます! 犬用のボールが家にあるもので簡単に手作りできます!

犬のおもちゃ・アクセサリー

犬用のボールが家にあるもので簡単に手作りできます!

犬は飼い主様とボールやおもちゃで遊ぶことが大好きです。皆さんは普段、どんなボールを使って犬と遊んでいますか?犬とボール投げをして遊ぶために、新しい犬用のボールを購入する必要はありません。手作りのボールを作ればよいのです!今回はおうちにあるもので手作りできる犬用ボールについてご紹介していきます。

犬はボール遊びが大好き!

犬はボール遊びが大好きです。飼い主様が投げたボールを一生懸命走って探しに行き、くわえながら走って戻ってくる遊びは、犬にとっても飼い主様にとっても楽しい時間です。

 

ボール遊びで「追視力」「集中力」を養える!

犬は、本能的に動く物に対して追視し捕らえる能力があります。この本能を刺激させるボール遊びは犬をワクワクさせるため、次はどっちの方向にボールが飛んでいくのか、いつ飼い主様がボールを投げるのかと、犬が集中をして見ます。ボール遊びは、犬の「集中力」が高められた状態で、投げられたボールを追いかける「追視力」を発揮することができる遊びなのです。また、ボール遊びはからだを動かすだけでなく頭を使い、さらに飼い主様とコミュニケーションも取れる楽しい遊びです。

おもちゃのボールは家にあるものでとっても簡単に作れる!

犬のおもちゃはペットショップでたくさん売られています。犬用のボールもありますが、お値段をみてみると意外に高いものも多く、いらなくなったテニスボールや子供のボールを犬用として利用している飼い主様も多いかと思います。

お金をかけずにボール遊びをするのならボールを手作りしてしまえばよいのです。ボールを購入する必要も、古い汚いボロボロのボールで遊ばせる必要もありません。犬と楽しく遊べるおもちゃを家にあるもので簡単に手作りできる方法をご紹介します。

 

用意するものは要らなくなった靴下だけ!

犬用の手作りボールに必要な材料は「要らなくなった靴下」なんとこれだけです。犬の大きさや噛む力によって薄い靴下を数枚重ねたり、冬用の厚みのある靴下、毛糸の靴下を使用したりしてもOKです。

 

作り方

それでは、とっても簡単な犬用ボールの作り方をご紹介して参ります!手作りボールの作り方はとっても簡単!

 

靴下を裏返してそのまま丸めるだけ!

1.材料である要らなくなった靴下を用意したら、靴下を裏返しにてひっくり返します。

2.足首の部分からくるくると巻き上げてボールを作っていきます。

3,靴下で引っ張り遊びもしたい場合はそのままで完成ですが、手作りボールにしたい場合は、形が崩れないように、ボールの形に丸まった部分の中央を糸で縫い付ければ靴下ボールの完成です。

 

靴下ボールの良いところは、材質が靴下なので室内で遊んでも大きな音がしないこと、犬に当たっても痛くないこと、布や毛糸でできているので犬が持ち運びしやすいこと、洗えること、壊れてすぐに捨てたとしてもお金がかからず経済的な点です。

さあ愛犬とボール遊びを始めましょう!

手作りの靴下ボールができたら、愛犬とボールを使って一緒に遊びましょう。犬種によっては物を持ち運ぶ(レトリーブ)が得意である犬種と、あまり得意でない犬種がいます。ボールを投げて、犬が自分勝手に遊び始めるのではなく、飼い主様のところまで持ってくるようにトレーニングを行って楽しく遊べるようにしましょう。犬がボール遊びを正しく理解して楽しい遊びと認識すると、喜んでボールを持ってくるようになります。

 

「ボールを投げると犬が持ってくる」という遊び方を犬自身が正しく学習しないと、走って逃げたりして絶対に飼い主のところには持ってきません。それどころか、飼い主様が追いかけて犬が主導の遊びになる。見つけたボールをくわえたまま離さず、無理に取ろうとすると歯をむき出し、低い声で唸ってくるといった問題行動につながる可能性があります。

このような問題行動の兆候がみられた場合は、同じ靴下ボールをいくつか用意しておき、くわえて離さないときは予備のボールをちらつかせて興味をひかせると、遠くに逃げずに近くに寄ってくるようになり、新しいボールを投げることで犬が攻撃的な興奮をすることなく、口からボールを離して予備のボールを追いかけて行くでしょう。

上手にボールを持ってきた場合は、たくさん褒めてあげましょう。もし失敗しても、不要な声かけや動作は犬が喜ぶ原因となるので、「コラ!」「ダメ!」「〇〇!(愛犬の名前)」などとは決して声を出さないようにしましょう。そして、犬を追いかけずに無視して予備のボールを使って冷静にボール遊びを続けましょう。もし失敗が続き、愛犬が飼い主様を試しているように感じた場合は、ボール遊びを静かに終わりにします。ボール遊びが楽しいと思える状況を強化することを心がけましょう。

 

まとめ

ボール遊びは犬にとって、犬の本能を刺激し、さらには飼い主様と犬とのコミュニケーションがとれる楽しい遊びです。ボール遊びはストレス発散ができることはもちろん、ボールを持ってきたときに愛犬が飼い主様にたくさん褒めてもらえること、飼い主様が楽しそうにしていることが犬にとってご褒美となります。

ボール遊びはからだに対して小さなボールを使うと飲み込み事故の危険性があります。また、ボールが跳ねるのを見て愛犬が喜ぶからと、硬い材質を選ぶと、投げたときや遊んでいる最中に犬の歯や口周りにぶつかりケガをする可能性もあります。ボール遊びに使うボールはどんな材質のものでもよいのですが、こういった危険性を考えて慎重に必要があります。手作りの靴下ボールは、お金のかからないおもちゃとしておすすめです。要らない靴下で是非手作りしてみてくださいね。

記事ランキング

商品ラインナップ

  • このこのごはん

    このこのごはん

  • お口げんき このこのふりかけ

    お口げんき
    このこのふりかけ

人気のタグ