コノコトトモニ

  • ログイン
  • ショップ

コノコトトモニ

  1. 犬とのドライブで安全のために気をつけたいポイントやコツをご紹介
犬とのドライブで安全のために気をつけたいポイントやコツをご紹介 犬とのドライブで安全のために気をつけたいポイントやコツをご紹介

犬の散歩・おでかけ

犬とのドライブで安全のために気をつけたいポイントやコツをご紹介

歩いてのお散歩も楽しいですが、犬を車に乗せて一緒にドライブを楽しみたいという人もいるでしょう。車であれば少し遠出することもできますし、観光地を犬と一緒に散歩して楽しむこともできます。しかし、犬とのドライブには注意点もあるので、しっかりチェックしておきましょう。

大切なわんちゃんと一緒にドライブする際に気をつけたいポイント

犬とのドライブは楽しいものですが、徒歩での散歩よりもリスクが高まります。ここでは、犬とのドライブ中に気をつけるべきポイントを紹介します。お出かけ前にチェックしてみてください。

とにかく安全性をしっかりと確保しましょう

犬と出かける場合には、きちんと安全な場所に落ち着かせるようにしましょう。車は道路を高速で走るので、外に出ないようにするなど配慮が必要です。また、日差しや通気性などにも気を使わないと、暑さに弱い犬がぐったりしてしまうこともあります。

犬は車酔いをしやすいので、まずはエンジンをかけることから慣れさせ、短距離から移動するようにして徐々に慣れさせていくことが大切です。

わんちゃんを助手席に乗せることはあまりおすすめできません

犬を助手席に乗せてドライブをしている人をよく見かけますが、これは犬のためにはあまりお勧めできません。

ドライブ中に何か障害物にぶつかりそうになったとき、運転手がとっさにハンドルをきると、助手席にいたものが一番衝撃を受けやすくなるのです。そのため、そこに犬を置いておくとケガをしたり、最悪の場合死に至る可能性があります。もちろん事故の規模によっては他の席にいてもケガを避けられないことはありますが、助手席にいるよりは軽度で済むでしょう。

わんちゃんを膝の上に乗せて運転するのは交通法違反です

犬を膝の上に乗せ、窓から外を眺める姿を見ながら運転したいと思う人もいるでしょう。しかし、これは法律で禁止されている危険な行為なので、やってはいけません。膝の上に犬を乗せた状態で運転をすると、6000円の科料が科せられるので注意が必要です。

これは道路交通法第4条に明記されているもので、「知らなかった」では済まされないので、しっかり頭に入れておきましょう。

わんちゃんの顔を窓から出させるのももちろんNG行為です

膝の上に犬を乗せて運転するのは法律違反ですから、窓から顔を出させるなどというのはもってのほかです。窓から顔を出して風を気持ちよさそうに受けている犬の姿はかわいらしいものですが、これは危険な行為に他なりません。

ブレーキをかけたはずみに窓から飛び出してしまうこともありますし、動いた犬がハンドルに触って誤操作をしてしまうリスクもあるので注意が必要です。また、窓から犬が顔を出していることで他の車やバイクの運転手を驚かせ、事故を誘発してしまったという事例もあります。

ドライブ中にハーネスをつけてもあまり安全性は確保されません

ドライブをする際、ハーネスをつけてシートベルトなどに固定していれば犬を自由にさせておいても大丈夫と考える人もいるでしょう。しかし、これも危険な行為なので控えましょう。シートベルトにハーネスを固定していても、急ブレーキなどの衝撃が加わると犬の体は前に飛び出てしまいます。犬は喉が弱いので、前に飛び出た際に気道に大きな負担を与えてケガを招いてしまうこともあるので注意が必要です。

ドライブ中はクレートやドライブボックス・ドライブベッドで安全を確保しましょう

ドライブをする際には、犬をクレートに入れて座席に固定しましょう。クレートに入っていれば、急ブレーキを踏んだ際に体が投げ出されてしまうことはありません。また、ハードな素材なのでドアなどにぶつかってもケガをする可能性は低いです。

ただ、ずっとクレート内に閉じ込めておくのがかわいそうだと思うこともあるでしょう。そのようなときには、ベルトで座席につけるドライブベッドがおすすめ。シートベルトも通せるので、しっかりと固定することができます。飛び出し防止フックもついているので、犬をしっかり座席に繋ぎとめておくことが可能です。

ドライブ中のわんちゃんは安全のためにも後部座席に置くようにしましょう

ドライブをする際には、運転する自分の付近に犬を置いておきたいと思う人もいるでしょう。しかし、すでに述べたように助手席は事故にあった時のダメージが大きく、フロントガラスなどに当たってケガをさせてしまう可能性が高まります。また、犬が運転席付近をうろうろしてると運転に集中できず、注意力も散漫になってしまうでしょう。

犬を安全に車に乗せてドライブをするためには、後部座席におくのがベスト。しっかりと座席にサークルなどをつないで固定し、勝手に動き回れないようにしておきましょう。

わんちゃんと一緒にドライブするのにおすすめのスポット

ここまで犬と一緒にドライブをする際の注意点について紹介してきました。犬の安全管理のためにも置く場所などには気をつけなければなりませんが、それさえできれば犬とのドライブを目いっぱい楽しむことができます。

ここからは各地方のおすすめのドライブスポットを紹介するので、お出かけの際の参考にしてみてください。

北海道エリアでおすすめのドライブスポット

北海道は自然豊かな場所なので、大自然のエネルギーを得ることができる場所に行ってみるといいでしょう。歌謡曲のモチーフにもなっている「摩周湖」は、各所に展望台があるので犬と一緒の巡って楽しむことができます。

また、同じく曲のタイトルになっている「襟裳岬」も、高い場所から広大な自然を望むことができるので犬も楽しめるでしょう。

東北エリアでおすすめのドライブポット

東北エリアでドライブに行くなら、トトロの森がおすすめです。トトロの森は山形県の集落にある場所で、丹南山髪の樹木軍がトトロの姿に見えることからこの名前がついています。周辺ものどかで自然豊かなので、ドライブで行って散歩をして楽しむことができるでしょう。駐車スペースや展望台もあるので、犬と一緒に素敵な景色を満喫できます。

トトロのように見える木と一緒に写真撮影をして、思い出として残すのもいいでしょう。

東京近郊エリアでおすすめのドライブポット

東京近郊でドライブに行くなら、神宮外苑がおすすめです。秋になると道路脇のイチョウ並木がきれいな黄色に染まるので、ドライブをしながらきれいな景色を楽しむことができます。イチョウノトンネルを通っているようなロマンチックな気分に浸ることができるので、犬も楽しむことができるでしょう。

関東エリアでおすすめのドライブポット

関東では、東京から少し足を伸ばした先にある江ノ島がおすすめです。メディアでも取り上げられることの多い江ノ島での海沿いのドライブはとても心地よいでしょう。犬と一緒に入れるカフェやレストランもあるので、少し休憩をして食事を楽しむこともできます。

江ノ島エスカーという有料エスカレーターを使えば島の頂上まで登ることができるので、上から島の景色を眺めることも可能です。頂上までは歩くと20分ほどかかりますが、エスカーを使うと5分で行くことができます。

中部エリアでおすすめのドライブポット

中部地方では、三保松原に行っているといいでしょう。虹の松原、気比の松原と並ぶ日本三大松原の一つであり、国の名所として指定されています。ここでは緑の林や白波、海や富士山といった大自然の風景を贅沢に味わうことができます。

また、富山県にある黒部ダムもおすすめ。ここは日本で最も大きいダムで、大量の水が放出されるので見ていて圧巻です。

近畿エリアでおすすめのドライブポット

近畿エリアに行くなら、日本一の湖である琵琶湖がおすすめです。テラスから琵琶湖を眺めてゆったりしたひと時を過ごすのもいいですし、近くにはゆり園などもあるので場所を決めて色々巡ってみるとさらに楽しめます。

また、大阪に行くなら海沿いを駆け抜けるサンセットウェイも良いでしょう。その名の通り、サンセットの時が絶景です。

中国エリアでおすすめのドライブポット

中国地方では、山口県長門市にある竜宮の潮吹が一度は行ってみてほしい絶景スポットです。竜宮は津黄漁港最西端にある海蝕地形の総称であり、潮吹は打ち寄せる波が岩礁の隙間に入り、海水を噴出する現象を指します。

風の強さによって噴出の威力も増し、大きいときには30メートル以上吹き上がることもあるようです。雄大な景色を眺めることができるので、力強いエネルギーをもらうことができます。

四国エリアでおすすめのドライブポット

四国エリアのおすすめスポットは、しまなみ海道です。これは広島県の尾道から愛媛県今治をつなぐ自動車道です。長さは約60kmあり、車で雄大な瀬戸内海を眺めながら通過することができます。沿線には道の駅やビーチなどもあるので、途中で立ち寄って観光を楽しむのもいいでしょう。

九州エリアでおすすめのドライブポット

九州エリアでは、熊本の阿蘇山や鍋ヶ滝に行ってみるといいでしょう。阿蘇山は、火山中央にあるくぼみ「カルデラ」が世界最大級であることで有名です。周辺には展望スポットもあり、雄大な山の景色を一望することができます。

噴火が危惧されているので立ち入り禁止などの制限があるので、離れた場所でドライブしながら眺めるといいでしょう。

沖縄エリアでおすすめのドライブポット

沖縄といえばエメラルドグリーンの海が有名ですが、きれいな海を楽しむためには海中道路やサンセットビーチといった観光地に行くのがおすすめです。海中道路はその名の通り海の中に設けられた道路で、周りに雄大な海を望みながらドライブを楽しむことができます。サンセットビーチは沖縄の中部にあるビーチで、夕日が絶景です。

まとめ

犬とのドライブは楽しいものですが、きちんと交通ルールを守って乗せないと悲しい事故につながってしまう可能性があります。犬をクレートなどに入れてしっかりと座席に固定しておけば、飼い主も犬も快適なドライブを楽しむことができるでしょう。

全国には自然豊かな観光地がたくさんあるので、おすすめのスポットを巡って、愛犬との絆をもっと深めていきましょう!

記事ランキング

商品ラインナップ

  • このこのごはん

    このこのごはん

  • お口げんき このこのふりかけ

    お口げんき
    このこのふりかけ

人気のタグ