コノコトトモニ

  • ログイン
  • ショップ

コノコトトモニ

  1. 愛犬にライフジャケットを着せて水泳を楽しもう!
愛犬にライフジャケットを着せて水泳を楽しもう! 愛犬にライフジャケットを着せて水泳を楽しもう!

犬のおもちゃ・アクセサリー

愛犬にライフジャケットを着せて水泳を楽しもう!

暑い夏は愛犬と一緒に海や川で遊ぶことが増えるアウトドアの季節でもありますね。そんなときに活躍するアイテムとして愛犬達が海や川で泳ぐ時に必要な「ライフジャケット」があります。
「犬って泳ぎが得意だから必要ないのでは?」そう思われる飼い主様も多くいると思いますが、実は愛犬達も流れのある海や川での水泳は大変です。小さな犬であれば流されてしまう可能性もあるのでライフジャケットを身に付けることで自然の中での水泳をより安全で快適にしてくれます。
ここでは愛犬達のライフジャケットの種類や選び方など詳しくご紹介していきますので、ぜひご覧くださいね。

犬にライフジャケットって必要なの?

暑い夏は愛犬と一緒に海や川で遊ぶことが多いですが、安全に愛犬達と水遊びするためにまず大切なことがあります。それは、「自然の水の中には危険が潜んでいる」ということを理解しておくことです。ここで、愛犬との水遊びやライフジャケットの必要性について理解を深めて安全な水泳に繋げていきましょう。

犬かきできるからいらないのでは・・・?

勿論、愛犬達は人より泳ぐことが得意な生き物ですが、長時間や体調によっては水中で泳ぎ続けることに限界はあります。愛犬にとってのライフジャケットは、人が泳ぐ時に浮き輪があると安全で泳ぎが楽であるように、愛犬達も水中を泳ぐ際にライフジャケットを体に付けることで浮力が水中での泳ぎをサポートしてくれるため、流れのある海や川での水泳をより安全で快適にしてくれます。
また、泳ぎが得意な犬種と泳ぎが得意ではない犬種もいるので犬が泳ぐことが得意と決めつけてしまうのも危険です。特に、小型犬などは慣れない海では急な波に流されてしまう可能性や川遊びでは流れが速い場所や急に深くなる場所もあるためそのまま流されて迷子になる可能性もあります。
そんな時にライフジャケットがあれば万が一、愛犬が流されてしまった場合も長時間の水泳もサポートして愛犬への負担を軽減できるメリットがあり、ライフジャケットがあることで探す時の目印にもなります。
勿論、自然の中での水遊びをする際は愛犬から目を離さないことが大切ですが、万が一の非常事態も考慮してライフジャケットを愛犬が身に付けている方が安全であることは確かです。
飼い主様が愛犬と海や川で水遊びをする際は愛犬にライフジャケットを着せて安全に水泳を楽しみましょう。

ライフジャケットのカラーが目印になるので重要

泳ぎが得意な愛犬の場合では、泳ぐことに夢中になって一人で遠くに行ってしまう可能性があります。そんな愛犬が黒い被毛の場合だと広い海の中では見え難いため、遠くに行ってしまうと見付けるのが困難になります。
その時、愛犬がライフジャケットを着用していれば、遠くにいても愛犬のライフジャケットのカラーが飼い主様にとって目印になります。
最近では犬用ライフジャケットのカラーやデザインが増えているため好きな色を選ぶことができますが、ライフジャケットのカラーが愛犬の目印になることを考慮して「犬の被毛と同じ色は避ける」ことや「背景と違うカラー」を選ぶ必要があります。

ライフジャケットの種類をご紹介

犬用のライフジャケットにはいくつか種類があります。種類によって、それぞれメリットやデメリットがありますので愛犬にライフジャケットを選ぶ際のご参考にしてみてくださいね。
犬用のライフジャケットの注意点
実は、愛犬にライフジャケットを付けていて安全なのは愛犬に意識があるときが前提です。人のライフジャケットは救命道具であるため意識がなくても溺れることはありませんが、愛犬のライフジャケットは意識があることを前提に作られているため、意識がない愛犬の場合は顔が水中に浸かり溺れてしまう可能性があります。
このためアメリカでは愛犬のライフジャケットを「フローティングジャケット」と呼ぶことがあります。愛犬のライフジャケットを身に付けさせるのはあくまでも、愛犬の泳ぎをサポートするためのアイテムであるということを知っておきましょう。

甲羅型

甲羅型のライフジャケットのメリットは、亀の様に浮力が背中のみに付いているため、愛犬の体型を選ばずに着せることができるというポイントとベスト型よりも浮力があるということです。
しかし、デメリットは腹部に浮力がないためベルトをしっかりと巻いてあげないとライフジャケットを着せる意味がなくなってしまうことです。

ベスト型

ベスト型のライフジャケットのメリットは、背中と腹部に浮力が付いているため全身を支えるように体を浮かせてくれることです。
ベスト型は甲羅型と違い腹部に浮力が付いているため体にフィットしやすく愛犬の負担を考える飼い主様からの人気が急増しています。ベスト型のデメリットは甲羅型より浮力が弱いということもあり、愛犬の泳ぎをどこまでサポート出来るのか不安な点が残ります。

泳ぎが苦手な子には、あごのせできるライフジャケットがおすすめ

愛犬のライフジャケットは前足の動きを妨げないために、胸元には浮力がないため前部分が沈みやすい傾向があります。
このため泳ぎが苦手な犬種、例えば足が短いダックスフンドやチワワなどはライフジャケットを付けていても顔が水面についてしまいがちになり快適に泳ぎがサポート出来ているとは言えません。
そんな時に、あごのせできるライフジャケットがおすすめです。
あごが水面に浮かぶ浮力に支えられて沈むことがなく安心して水泳が楽しめます。初めて水泳を楽しむ子や泳ぎが苦手な子であっても顔が浸からないので大丈夫という頼もしいライフジャケットと言えますね。

ライフジャケットはジャストサイズを選びましょう!

安全な水泳をサポートするためには、やはりライフジャケットは愛犬の体にフィットしたジャストサイズを選ぶ必要があります。
ここで愛犬に着用させるライフジャケットのポイントをご紹介していきますので、ぜひご参考にしてくださいね。

特にチワワやダックスなど足の短い子はジャストサイズを選びましょう!

犬が泳ぐことが得意と決めつけてしまうのが危険な理由には、チワワやダックスフンドなど足の短い子は元から泳ぎが苦手である場合が多いためです。
本来、水泳をするための役割を持たない犬種であるという理由とチワワやダックスフンドのように足が短い犬種の水泳は、水中での推進力が弱く、泳ぎの重心を支える錨としての役割が短い足では難しいため体が流されやすいと言えます。
このため水泳には体をサポートしてくれるライフジャケットの着用が必要な犬種であると言えますが、着用するライフジャケットが大き過ぎる場合や腰回りに不要な浮素材がある場合など、愛犬の体格に相応しくないものを着用してしまうと水面で丸太のように転がってしまうことがあります。
つまり犬用ライフジャケットで重要なことは、浮素材がたくさんあることが愛犬の水泳をサポートしてくれるのではなく水中で愛犬の体にジャストフィットして適度に支えて浮かせてくれることが大切です。
また、チワワやダックスフンドと同じ足が短い犬種には、コーギーがいますが、コーギーは足が短くても胸が大きいため、胸元に空気を貯めることができるので水中から頭が上がりやすく泳ぎが得意な子が多くいます。
足が短い犬種が全て水中での泳ぎが苦手とは限りませんが比較的、泳ぎが苦手な傾向があるのは事実です。ライフジャケットの着用で愛犬が水面で転がることがないように特に、チワワやダックスなど足の短い子はジャストサイズを選びましょう。

ライフジャケットの着用させる4つのポイント

愛犬の体にフィットしたジャストサイズを選ぶことも大切ですが、ライフジャケットとは愛犬の快適な泳ぎをサポートしてくれるアイテムであるため飼い主様が愛犬に上手にライフジャケットを着せてあげる必要があります。
ここで、飼い主様が愛犬に上手にライフジャケットを着用させるために大切な以下の4つのポイントを確認してあげてください。

・ライフジャケットの腹部のベルトは少しきつめに締めること(締めすぎには注意)
・体とライフジャケットの間に隙間ができないように着用させる
・転がる原因になる腰回りに不要な浮素材が付いていないか確認
・泳ぎやすそうであるかどうか泳いでいる姿もチェック

ライフジャケットの着用時に腹部のベルトは少しきつめに締めることは大切ですが、締めすぎると内臓を圧迫してしまう可能性があるので力加減には注意が必要です。
また、体とライフジャケットの間に隙間ができないように着用させることや愛犬が転がってしまう原因になる腰回りに不要な浮素材が付いていないか確認してあげてください。
愛犬が快適に水泳を楽しむためのライフジャケットの着用ポイントを確認したら、周りの安全を見ながら愛犬との水泳を楽しんでくださいね。
この時に泳ぎやすそうであるかどうか泳いでいる姿もチェックして問題なければ、そのまま水泳を楽しみましょう。

ライフジャケットを着用した泳ぎが上手な愛犬のコントロールは大切

泳ぎが苦手な子は勝手に遠くに行ってしまう心配は少ないと言えますが逆に流されてしまう可能性はあるので目を離さないことが大切です。その一方で、泳ぎが上手な子の場合はライフジャケットのサポートもあり、どんどん一人で遠くまで泳いで行ってしまう可能性があるということを飼い主様は知っておきましょう。
普段は呼び戻しがきく良い子でも泳ぎに夢中になって離れてしまったり、水の流れる音で聞こえない場合もあります。
このため水中の呼び戻しは陸地の数十倍大変です。飼い主様が泳いで愛犬を迎えに行くのは更に大変であるため、初めからハーネスタイプのリードとライフジャケットを利用して遠くに行ってしまう愛犬をコントロールすることも大切です。

まとめ

暑い夏は愛犬と一緒に海や川で遊ぶことが増えるアウトドアの季節ですが、流れのある海や川は時に危険な場所でもあります。
ここでもう一度、愛犬に着用させるライフジャケットの情報についてまとめてみましょう。

 ライフジャケットのカラーが目印になるので重要
 甲羅型は体型を選ばずベスト型より浮力がある
 ベスト型は背中と腹部に浮力が付いているため全身を支える
 泳ぎが苦手な子には、あごのせできるライフジャケットがおすすめ
 特にチワワやダックスなど足の短い子はジャストサイズを選びましょう!
 ライフジャケットを着用した泳ぎが上手な愛犬のコントロールは大切

また愛犬のライフジャケットは人と違って救命道具ではなく、安全で快適な泳ぎをサポートするアイテムと言えますが愛犬が自然の海や川で泳ぐ際に着用することで最低限の安全を確保することが出来る命綱でもあります。
愛犬が自然の海や川で泳ぐ際に万が一に備えてライフジャケットを着用させてあげることで水泳をより安全で快適にしてくれるだけでなく、もしも愛犬が流されてしまった場合でも長時間の水泳もサポートして愛犬への負担を軽減できるという万が一の事態にも対応してくれます。
ぜひ愛犬にライフジャケットを着せて水泳を楽しみましょう!

記事ランキング

商品ラインナップ

  • このこのごはん

    このこのごはん

  • お口げんき このこのふりかけ

    お口げんき
    このこのふりかけ

人気のタグ