コノコトトモニ

  • ログイン
  • ショップ

コノコトトモニ

  1. 愛犬のおやつの選び方!4つの基準ポイントとおすすめのおやつ4選
愛犬のおやつの選び方!4つの基準ポイントとおすすめのおやつ4選 愛犬のおやつの選び方!4つの基準ポイントとおすすめのおやつ4選

犬の食事・ドッグフード

愛犬のおやつの選び方!4つの基準ポイントとおすすめのおやつ4選

犬用のおやつは種類が豊富で、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。そもそも犬におやつは必要なのか、選ぶときにはどういうポイントを気にして選んだらいいのかなど、悩むポイントはいろいろあります。今回は犬のおやつの選び方について解説していくので、ぜひ愛犬のおやつ選びの参考になさってください。

犬におやつは必要なの?

栄養的に犬におやつは必要?

栄養面だけを考えると普段のドッグフードだけで十分な栄養が摂取できるので、おやつは必要ありません。では、なぜ犬用のおやつが多く売られているのでしょうか。

犬におやつをあげるメリットとは?

犬用のおやつが種類豊富に売られているのには理由があります。人間がおやつに喜びを感じるように、犬もおやつに喜びを感じます。犬におやつをあげることは栄養を補給するためではなく、犬とのコミュニケーションを深めるためです。犬とのコミュニケーションを深めるという点で考えると、犬用のおやつは必要なものといえます。

ただ、おやつをあげる回数や量を管理しないと、犬の健康に悪影響を与える恐れがあるので注意しましょう。

犬におやつをあげるのはどんなとき?

飼い主とのコミュニケーション

前述した通り、愛犬とコミュニケーションをとるためにおやつをあげる飼い主さんが多いようです。
愛犬が大好きなおやつを部屋のあちこちに隠して探させる遊びや、おやつが入っている手がどちらかを当てさせるゲームなど、おやつを使ってコミュニケーションを取っています。

また、しつけのご褒美としておやつを使う方法もあります。指示したことができたときに好きなおやつをあげることで、できたらおいしいおやつがもらえると思わせ、しつけをする方法です。

生活にメリハリをつけるため

犬を飼っている家庭では、犬が小さいときから生活のリズムにメリハリをつけるためにおやつを使っている場合もあります。

例えば、寝る時に犬がケージにハウスしたらおやつをあげる使い方をすると、犬がケージに入ればおいしいおやつがもらえると分かり、自分からちゃんとケージに入っておとなしく寝るようになるのです。

留守番のお供に

犬を一人で留守番させるときにおすすめなのが、おもちゃにもなるおやつです。ガムは適度な噛みごたえがあり、長時間楽しめるので犬が退屈せず留守番することができます。また、豚の耳もお留守番のお供におすすめです。豚の耳には歯垢除去効果も期待でき、コラーゲンが豊富に含まれているので犬の健康にも役立ちます。

お留守番のときに与えるおやつは、噛みちぎって喉を詰まらせる危険がないか、初めてあげるときは飼い主さんがいるときにして様子を観察しましょう。

薬を飲ませる時

犬に薬を飲ませるとき、おやつに混ぜる方法があります。薬を小さく砕いてフードに混ぜてもなかなか手べてくれなかった子が、チーズのようなニオイが強いおやつに薬を混ぜるとすんなり食べてくれるのです。

また、薬を飲ませるための専用おやつも売られています。おやつに穴が開いていて、そこに薬を入れて食べさせます。一見、薬を吐き出してしまいそうですが、犬は薬を意識せず飲むことができます。

食欲がないときにフードのトッピングに

犬のおやつにはフードのトッピングとして与えられるものも売られています。愛犬の食欲が落ちている時に、ドッグフードにこのおやつをトッピングすることで食欲が出ることがあります。トッピング用のふりかけには、魚やさつまいも、チーズなどがあります。

犬におやつを与えるときの注意点・おやつの選び方

おやつは適量を!与えすぎないように注意する

犬のおやつはあげすぎないことが大切です。食欲がないからといってドッグフードの代わりにおやつをあげていては、犬の身体に必要な栄養が補えません。おやつはあくまでも嗜好品なので、ドッグフードを与える合間に適量をあげるようにしましょう。

おやつをあげすぎると、それだけでお腹がいっぱいになってしまい、ドッグフードを食べなくなってしまうことがあるので気をつけてください。

愛犬のおやつを選ぶときは添加物・着色料が入っているものを避ける

おやつは添加物や着色料、防腐剤などがなるべく入っていないものを選びましょう。愛犬の健康を守るためにも無添加のおやつを購入することが大切です。

また、アレルギーがある犬のおやつも無添加を選びましょう。無添加であれば、アレルギーを持つ犬の身体にも症状が出にくい材料を使用しているので安心です。しかし、100%アレルギー反応が出ないわけではないので、初めて与えるときは少量にして愛犬の体調を確認することが大切です。

おやつはドッグフードに含まれていない栄養素が含まれているものを選ぶ

犬の健康はドッグフードで補えるので、おやつをあげるときは普段食べさせているドッグフードに含まれていない栄養素が含まれているおやつあげましょう。
例えば乳酸菌や野菜、果物はドッグフードに含まれていないことが多いのでおすすめです。ただ、犬の好みもあるのでいろいろなおやつを与えてみて、好みを探っていくといいでしょう。

愛犬のおやつは肉副産物を避ける

ドッグフードでもおやつでも、愛犬が口にするものは飼い主さんが安全なものを選んであげる必要があります。

市販のドッグフードに含まれている「肉副産物」は、内臓を指しているので、糞や血液も混じっている場合があります。この肉副産物がドッグフードに使われているということは、食べても健康を害するものではないということですが、これがどんなものなのか知っていると積極的に与えたいものではないと思われるのではないでしょうか。

愛犬のおやつは噛みごたえのある固いものを選ぶ

犬用のおやつは、柔らかいものを避けてしっかり噛んで食べられるものを選びましょう。柔らかいおやつは犬の歯に付いてしまうため、歯垢や虫歯の原因になってしまいます。

愛犬におすすめのおやつ4選

ジャーキー

犬は野生の頃、狩りをして肉を食べて暮らしていたので、その名残もあって肉が大好きです。そのため、犬は肉を主成分とするジャーキーが大好物です。ジャーキーを選ぶときは、カロリーが高すぎるものはなるべく避け、馬肉やささみを使用したものを選ぶといいでしょう。

ガム

ガムを噛むことで犬の歯の表面についた汚れが落ちるので、歯磨き効果が期待できます。その他にも、硬いものを噛むことで犬のストレス解消になります。
しかし、ガムを与えるのは生後6ヶ月を過ぎてからでないと、子犬の歯が欠けてしまうことがあります。また、老犬も歯が弱っている場合があるので、与えるときは注意しましょう。

ビスケット・クッキー

ビスケットやクッキーは柔らかくて食べやすいため、好きな犬は多いです。ただ、主成分が卵や小麦粉なので、アレルギーがある犬には注意しなければなりません。そして、脂肪分が高くカロリーも高いので、しつけのときのご褒美として少量を与えるのがいいでしょう。

チーズ

栄養価が高く香りがよいチーズは食欲がないときにも喜んで食べてくれるおやつなので、ご飯の食いつきが悪いときに与えるといいでしょう。

チーズのおやつにはパウダー状と棒状のものがあるので、用途によって与え方を変えるのがおすすめです。パウダー状のチーズはドッグフードの上にふりかけて与えると犬がよく食べてくれます。棒状のチーズは噛んで食べるので犬のストレス解消になります。

犬のおやつは正しい量と選び方で

犬のおやつは飼い主さんとのコミュニケーションに大変役立つアイテムです。可愛い愛犬が喜ぶ姿は本当に可愛く、見ているとこちらまで嬉しくなります。だからといって、あげすぎには要注意です。愛犬の健康を守れるのは飼い主さんだけなのです。おやつはコミュニケーションのために適量を与えるようにして、愛犬と楽しいひとときを過ごしてください。

記事ランキング

商品ラインナップ

  • このこのごはん

    このこのごはん

  • お口げんき このこのふりかけ

    お口げんき
    このこのふりかけ

人気のタグ