コノコトトモニ

  • ログイン
  • ショップ

コノコトトモニ

  1. ドッグフードでアレルギー反応が出たときの症状は?アレルゲンの原因を特定する方法とおすすめのドッグフード
ドッグフードでアレルギー反応が出たときの症状は?アレルゲンの原因を特定する方法とおすすめのドッグフード ドッグフードでアレルギー反応が出たときの症状は?アレルゲンの原因を特定する方法とおすすめのドッグフード

犬の食事・ドッグフード

ドッグフードでアレルギー反応が出たときの症状は?アレルゲンの原因を特定する方法とおすすめのドッグフード

犬の皮膚が赤くなったり、涙やけが目立つようになったら、それはドッグフードによるアレルギーかもしれません。ドッグフードにアレルギーがあるの?と不安になる飼い主さんもいらっしゃると思いますが、愛犬がアレルギーになったらどうしたらいいのかをここで解説するので、ぜひ参考になさってください。

ドッグフードにアレルギーってあるの?

犬がアレルギーになる原因

犬がアレルギー性皮膚炎になる代表的な原因に、アトピー性皮膚炎や食物アレルギー、ノミアレルギーが挙げられます。、何が原因でアレルギー症状が出ているかは素人では判断できないので、動物病院で検査してもらうようにしましょう。

今回は「食べ物アレルギー」だった場合、飼い主さんがどうすべきかを解説していきます。

しかし、犬のアレルギーの原因で一番多いのは食物アレルギーです。約40%の犬が何らかの食物アレルギーを持っていると言われているので、もし愛犬にアレルギー症状が出ている場合は一番最初に食べ物を疑いましょう。

食物アレルギーが原因で現れる主な症状

ドッグフードによるアレルギー症状は主に3つあります。涙やけ、皮膚症状、下痢・嘔吐です。以下で各症状について説明していきます。

涙やけ
アレルギー症状のひとつに涙やけがあります。プードルやゴールデンレトリーバーなどの毛が長い犬種、目が大きいチワワなどが涙やけの症状が出やすいと言われています。
この涙やけになる要因はさまざまありますが、食物アレルギーが原因で涙やけができている場合は次の項目でも挙げているように身体中を痒がったり湿疹が出るといった特徴があります。

皮膚症状
食物アレルギーになったら、普段よりもフケや抜け毛が多くなる、耳の内側や目や口のまわり、股の柔らかい部分が赤くなります。犬が痒い場所を気にして何度も舐めたり噛んだりする場合が多いので、普段と違うような様子を見せたらアレルギーを疑いましょう。

下痢・嘔吐
食物アレルギーの症状には下痢や嘔吐があります。身体の中にアレルゲンが入ったとき、それを外に排出しようと身体が反応して、下痢や嘔吐を引き起こします。

犬が食物アレルギーを起こしやすい食べ物とは?

添加物

人間でも添加物に対してアレルギーを持つ人がいるように、犬も添加物でアレルギーを引き起こす場合があります。残念ながら市販のドッグフードの中には犬にとって危険な添加物が使われているものもあります。

アレルギーは急に発症することがありますが、ドッグフードにおいても同様です。それまで食べていたドッグフードに含まれている添加物が身体の中に蓄積し、身体の中の添加物に対してのアレルゲンの許容範囲を超えたときに発症するのです。

添加物アレルギーの症状には下痢や嘔吐、皮膚炎などがあります。愛犬に食べさせるドッグフードはアレルギー症状が出る出ない、どちらにしても安全なものを食べさせたいと考えるのが飼い主さんですよね。大切な愛犬の健康を守るためにもドッグフードを購入するときは人工添加物の有無を確認することが大切です。

穀物類

食物アレルギーの原因で多いのは、穀物類によるアレルギー反応です。市販されている多くのドッグフードには安く売るために小麦やトウモロコシを配合してカサ増しをしています。この小麦やトウモロコシが犬にとってはアレルギーを引き起こす恐れがあるのです。

犬はもともと肉食の動物だったので、雑食になった現在も穀物を消化・吸収することが得意ではありません。穀物を摂りすぎると胃腸に負担をかけることになるもなるので、ドッグフードの成分表示の最初に穀物が表記されているものは選ばない方がいいでしょう。

肉類

犬は肉食なのに肉でアレルギーが?と思う方は多いでしょう。しかし、犬は牛肉や豚肉でアレルギー症状を引き起こしやすいと言われています。その原因は牛や豚が食べていた餌にあります。化学薬品が混入している餌を食べた牛や豚の肉を食べたことで、化学薬品へ反応してアレルギーが発症すると考えられるのです。

アレルギーを起こしにくいのは鶏肉、鹿肉です。しかし、これには個体差があるので鹿肉だからといって、すべての子にアレルギーが出ないというわけではありません。そしてもし手作りでご飯を作る場合は、なるべく豚肉や牛肉を使わないように注意しましょう。

ドッグフードに含まれるアレルゲンの特定方法/h2>

単一食材やドッグフードで特定する方法

愛犬が食物アレルギーを持っていると思う場合はどの食材がアレルギーの原因になっているか調べることができます。

単一のメニューや特定のドッグフードを3ヶ月程続けて食べさせる方法です。単一のメニューを3ヶ月程度続けることで、どの食材がアレルゲンなのかが分かります。また、同じドッグフードを3ヶ月続ける場合は、ドッグフードの原材料を確認してタンパク質が一種類のものを選びます。そのドッグフードを続け、アレルギー症状が出なかったら他のタンパク質を試します。この方法はアレルゲンの特定までに時間がかかりますが、飼い主さんができる方法です。

それでもアレルゲンの原因がわからない場合は

上記の方法でアレルゲンを探ってみても原因が分からない場合は、アレルギーが起こりにくいと言われている食材を使用したドッグフードで試してみましょう。
アレルギーが起こりにくいのは、魚、米、鹿肉を使ったドッグフードです。アレルギー反応が出るかどうか見るためには3ヶ月は続けることが重要です。

ドッグフードでアレルギーを引き起こさないために

無添加のドッグフードを選ぶ

犬がアレルギーを起こしやすいものとして添加物をご紹介しましたが、保存料、酸化防止剤、着色料、香料などの人工添加物は犬のアレルギーの原因になります。
添加物にはドッグフードの日持ちをよくしたり、着色料で美味しそうに見せる効果がありますが、それは私達人間がメリットに感じるだけです。人工添加物は犬にとってリスクのある物質なので、愛犬に食べさせるドッグフードは無添加のものを選びましょう。

穀物類が配合されていないグレインフリードッグフードを選ぶ

穀物が原因でアレルギー症状を起こしている犬には、穀物が入っていないドッグフードを選ぶのがおすすめです。上述したように、犬にとって穀物は消化が難しく胃腸への負担がかかります。アレルギーの原因となるのは小麦とトウモロコシがありますが、穀物を使ったドッグフードは多く売られていて、使われている穀物の種類が多いためどの穀物がアレルゲンかを特定するのは難しいのが現状です。そのため、穀物アレルギーの疑いがある子には穀物の入っていないグレインフリードッグフードを与えるようにしましょう。

アレルギーが出にくい肉類が含まれているドッグフードを選ぶ

肉類の中でも牛肉と豚肉が犬にとってアレルゲンとなりやすいため、この2つの肉を使っていないドッグフードを選ぶといいでしょう。

犬は魚類ではアレルギーになりにくいとされているので、まぐろなどの魚を主原料とするドッグフードを選ぶのもひとつの方法ですね。
もしも肉を選ぶなら、鹿肉や鶏肉などのがアレルギーを起こしにくいのでおすすめです。
ただし、これらも絶対にアレルギーを発症しないわけではないので、初めて与えるときは少量ずつにして体調をよく観察しましょう。

ドッグフードのローテーションでアレルギーを防ぐ

アレルゲンの特定の仕方の項目で、一つのたんぱく質だけを一定期間食べさせ、3ヶ月ほど経ったら違うたんぱく質を3ヶ月続けるという方法をご紹介しました。
これは同じたんぱく質を長期間食べさせることで、アレルギーの発症を抑えるための方法でもあります。 アレルゲンを特定するためにもこの方法は有効なので、試してみる価値はあると思います。
サーモンを3ヶ月続けたら次はラム肉を3ヶ月、というように特定の主要たんぱく質を変えていくようにして様子を観察してみましょう。

今まで食べさせたことがない動物性タンパク源が1種類のもの

食物アレルギーは小麦、牛肉、豚肉、乳製品、大豆などのアレルギー性が高いたんぱく質を摂取することで起きることがほとんどです。

アレルゲンになるたんぱく質を食べ続けることでアレルギー症状が現れるので、そのたんぱく質が入っているドッグフードをやめて犬がアレルギーを起こしにくいたんぱく質を使ったドッグフードを与えることがアレルギー対策となります。
その際、ドッグフードに入っているたんぱく質は1種類のものを選ぶようにしましょう。そうすると、どのたんぱく質がアレルゲンとなるのか見極めることができます。

EPAでアレルギー反応を抑える

アレルギー反応による炎症を抑える働きを持つEPAは、イワシやサバなどの青魚やサーモンなどに豊富に含まれています。オメガ3脂肪酸のひとつであり、皮膚の炎症や下痢を予防する働きがあるので、ドッグフードにEPAが含まれているものを選ぶようにするといいでしょう。

アレルギー対策におすすめのドッグフード

ドッグフードにアレルギー反応を起こしてしまう犬には、添加物を一切使用していない、このこのごはんがおすすめです。

  • 理由
  • 「このこのごはん」には体内をよくし、アレルギーなどのお悩みを解消する自然素材がたっぷり入っています。
    高タンパク質でアレルギーを起こしにくいと言われている鶏肉のささみや鹿肉を配合しているほか、タンパク質の分解を助ける青パパイヤも入っています。

    また、消化を助けてくれる食物繊維がたっぷり入ったモリンガという植物や、EPAが豊富なまぐろ、血行を良くして老廃物を外に排出するサツマイモ配合されています。上記の材料はすべてアレルギーを起こしにくい食材なので、アレルギーで悩んでいる愛犬に選んでみるのもいいでしょう。

  • 価格・内容量
  • 通常価格は1袋1kgで3500円です。
    定期購入することにより、2980円と15%OFFで購入することが可能です。また、定期購入の場合のみですが、初回限定で送料が無料となっています。

  • 材料
  • 「このこのごはん」はアレルギー対策をしっかりしているため、全材料を公開することができます。

材料は、鶏肉ささみ、鶏肉レバー、大麦、玄米、ビール酵母、鰹節、米油、乾燥卵黄、鹿肉、まぐろ、青パパイヤ末、モリンガ、サツマイモ、わかめ、乳酸菌、昆布、ミネラル類(牛骨カルシウム、卵殻カルシウム、塩化ナトリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリ酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE)です。



ドッグフードでアレルギーを起こさないために

犬がアレルギーを起こす原因はカビやノミ、食べ物、ハウスダスト、ダニ、など人間と同じです。ハウスダストやダニ、ノミが原因で起こる皮膚のアレルギーは、犬にとっては非常に痒いとされている、アトピー性皮膚炎を起こします。
そして、食物アレルギーは涙やけ、皮膚症状、下痢・嘔吐などのさらに辛い症状を引き起こすので、早いうちにアレルゲンを特定し、排除することが重要です。

もしもアレルギー症状がひどくなってしまった場合や治らない場合は、必ず動物病院で受診するようにしてください。自力で解決することは節約につながりますが、多少お金をかけても獣医さんの力を借りるようにしましょう。

アレルゲンを特定するには非常に根気と時間が必要となります。しかし、愛犬を苦しみから少しでも早く開放してあげられるように、飼い主さんも頑張りましょう。
それが愛犬と楽しく生活をしていくうえで一番大切なことなのです。

記事ランキング

商品ラインナップ

  • このこのごはん

    このこのごはん

  • お口げんき このこのふりかけ

    お口げんき
    このこのふりかけ

人気のタグ