コノコトトモニ

  • ログイン
  • ショップ

コノコトトモニ

  1. ドッグフードでアレルギー反応が出たときの症状は?アレルゲンの原因を特定する方法とおすすめのドッグフード
ドッグフードでアレルギー反応が出たときの症状は?アレルゲンの原因を特定する方法とおすすめのドッグフード ドッグフードでアレルギー反応が出たときの症状は?アレルゲンの原因を特定する方法とおすすめのドッグフード

犬の食事・ドッグフード

ドッグフードでアレルギー反応が出たときの症状は?アレルゲンの原因を特定する方法とおすすめのドッグフード

今回はドッグフードアレルギーを持つ犬の食事についてお話します。アレルギーをもつ子はどういうところに注意が必要か、アレルギーがある犬でも安心して食べられるドッグフードはどういうものがあるのか、アレルギー症状を起こしにくい身体の作り方についてまとめました。

ドッグフードにアレルギーってあるの?

犬がアレルギーを起こす原因

アレルギーとは、本来は無害なものに身体の免疫が過剰に反応し、辛い症状が出ることです。犬のアレルギー症状の原因は、カビやノミ、食べ物、ハウスダスト、ダニ、などほぼ人間と同じです。また、生活環境や食生活の変化、ストレスなどでも本来の免疫力が低下してアレルギーになりやすくなります。

しかし、犬のアレルギーの原因で一番多いのは食物アレルギーです。約40%の犬が何らかの食物アレルギーを持っていると言われているので、もし愛犬にアレルギー症状が出ている場合は一番最初に食べ物を疑いましょう。

ドッグフードによる主なアレルギー症状

ドッグフードによるアレルギー症状は主に3つあります。涙やけ、皮膚症状、下痢・嘔吐です。以下で各症状について説明していきます。

涙やけ
犬の目の周りの毛が赤茶色に変色しだす症状が涙やけです。何らかの原因によって涙の分泌量が増加して、涙管と呼ばれる部位が詰まってしまうと、涙が目の周りに溢れ出ます。そして、涙に含まれるタンパク質の成分によって変色し、そこに紫外線が当たることによって毛が変色してしまうのです。

また、目の周りが涙によって濡れ続ける事によって雑菌が繁殖し、毛を変色させることもあります。

皮膚症状
初期症状はかゆみです。犬は痒い部分を掻いたり噛んだりしてどんどん悪化させてしまうため、早めに気づいてあげることが大切です。

症状としては体を痒がる、フケが出る、抜け毛が多くハゲができる、顔や耳の内側、目の周り、口の周り、股の内側などが赤くなっている、足の裏や指の間などを執拗に舐めたり噛んだりするなどが挙げられます。
この初期症状を見逃すと、アトピー性皮膚炎と併発してしまう恐れがあるため、愛犬をよく見て初期症状で抑えられるようにしましょう。

下痢・嘔吐
ドッグフードの多くが人間用の食べ物にない非食用原材料や人工添加物を使っているので、それが原因で下痢や嘔吐の症状がでる犬もいます。その場合は、ドッグフードを変えてあげることで改善することがあります。その際、ドッグフードのパッケージ裏にある原料をチェックして、前回と同じ原料が入っていないか確認するようにしてください。

ドッグフードに含まれている食材で犬がアレルギーを起こしやすいものは?

添加物

ドッグフードに含まれる防腐剤や酸化防止剤、着色料、香料などの食品添加物はアレルギーを引き起こす恐れがあります。さらに、人工添加物はアレルギーだけでなく発がん性もあると言われています。

市販のドッグフードの中には、摂取し続けると健康を害する恐れのある人工添加物が配合されている商品もあるので気を付けましょう。

穀物類

元々、犬は肉食動物だったことから穀物を消化する力が弱く、消化器官の負担になる恐れもあります。また、小麦などに含まれるグルテンはアレルギー症状がでやすいと言われています。

ひとつのドッグフードに使用されている穀物は種類が多く、少しずつ複数の穀物が使用されていることも少なくありません。そのため、どの穀物が愛犬のアレルゲンになっているのか判断するのが非常に難しく、根気がいる可能性があります。

肉類

犬は豚肉や牛肉でアレルギー症状を起こしやすいと言われているため、ドッグフードのメイン食材として豚肉や牛肉を使用している商品は非常に少ないです。
ただ、手作りご飯の場合は豚肉や牛肉をつかったレシピが多いので、豚肉や牛肉が入っている食事を与えるときは体調の変化に注意しましょう。

一般的に犬は鶏肉、鹿肉、ラム肉、馬肉がアレルギーを起こしにくいと言われています。しかし、個体差があり、上記の食材でもアレルギー症状が出てしまう犬もいます。

ドッグフードに含まれるアレルゲンの原因を特定する方法

単一食材やドッグフードで特定する方法

単一食材でアレルゲンを見分ける方法は、まず単一のメニューを3ヶ月ほど与え続け、アレルギーの症状が改善したか悪化したかでその食材にアレルギーを起こしているかどうかを判断します。

ドッグフードでアレルゲンを特定する場合は、原材料を見て一種類のタンパク質が使われているものを順番に試してみましょう。時間がかかりますが、ドッグフードをローテーションすることはアレルギーの発症対策としても有効です。

それでもアレルゲンがわからなければ

比較的、犬がアレルギーを起こしにくいとされている食材は魚、ラム肉、米、ジャガイモと言われています。そのため、この食材で作られたドッグフードを試してみるのもいいでしょう。アレルギー反応を観察するには、最低1ヶ月、できれば3ヶ月くらい同じドッグフードを与える必要があります。

犬がドッグフードでアレルギーを起こさないための対策・フードの選び方

無添加のドッグフードを選ぶ

酸化防止剤や着色料、香料など人工添加物が入っているドッグフードに対してアレルギーを起こすことがあります。

売られているドッグフードの中には発がん性が疑われる物質が入っている商品も存在します。そのため、アレルギーだけではなく癌などの命に関わってくる病気が発症してしまう恐れもあるのです。無添加のドッグフードは愛犬の命のためにも必ず外すことのできない条件のひとつです。

穀物類が配合されていないグレインフリードッグフードを選ぶ

グレインフリーのドッグフードとはトウモロコシや小麦、米といった穀物類が配合されていないドッグフードのことです。トウモロコシや小麦、米といった穀物は犬が元からアレルギーを起こしやすい上うえに、たくさん穀物を取りすぎるとアレルギーになると言われています。犬の胃に負担をかけることにもなるので、穀物が配合されていない、グレインフリーのドッグフードを選びましょう。
おすすめは犬が消化しやすい野菜やハーブが入っているグレインフリーのドッグフードです。

アレルギーが出にくい肉類が含まれているドッグフードを選ぶ

犬は豚肉や牛肉でアレルギーを発症しやすいので、まずは豚肉や牛肉が入っているドッグフードを与えるのをやめましょう。

一般的に犬は鶏肉、鹿肉、ラム肉、馬肉がアレルギーを起こしにくいと言われているので、まずはこれらの肉類のドッグフードを選んでみてください。
しかし、これらの肉類のドッグフードでもアレルギー症状を起こす犬は少なからずいます。その場合は愛犬の体調の変化をしっかりと観察しながら食べさせることが重要です。

ドッグフードのローテーションでアレルギーを防ぐ

長期にわたって同じドッグフードを与え続けると、食物アレルギーになったり、アレルギーが悪化する恐れがあります。
ドッグフードのローテーションを数週間ごとに行ってアレルギーを防ぎましょう。また、ローテーションすることによって、強い消化器系の維持や好き嫌いをなくすことにもつながります。

EPAでアレルギー反応を抑える

EPAとはイワシ、サバなどの青魚やうなぎ、サーモンなどの魚に含まれる成分で、メガ3脂肪酸のひとつです。それらの食材から直接摂取することもできますし、αリノレン酸という緑黄色野菜や海藻などに多く含まれているものから作り出すこともできます。

EPAはアレルギー反応による炎症疾患を抑える働きがあり、涙やけや皮膚症状、下痢・嘔吐を防ぐ役割があります。

アレルギー対策におすすめのドッグフード

ドッグフードにアレルギー反応を起こしてしまう犬には、添加物を一切使用していない、このこのごはんがおすすめです。

  • 理由
  • 「このこのごはん」には体内をよくし、アレルギーなどのお悩みを解消する自然素材がたっぷり入っています。
    高タンパク質でアレルギーを起こしにくいと言われている鶏肉のささみや鹿肉を配合しているほか、タンパク質の分解を助ける青パパイヤも入っています。

    また、消化を助けてくれる食物繊維がたっぷり入ったモリンガという植物や、EPAが豊富なまぐろ、血行を良くして老廃物を外に排出するサツマイモ配合されています。上記の材料はすべてアレルギーを起こしにくい食材なので、アレルギーで悩んでいる愛犬に選んでみるのもいいでしょう。

  • 価格・内容量
  • 通常価格は1袋1kgで3500円です。
    定期購入することにより、2980円と15%OFFで購入することが可能です。また、定期購入の場合のみですが、初回限定で送料が無料となっています。

  • 材料
  • 「このこのごはん」はアレルギー対策をしっかりしているため、全材料を公開することができます。

材料は、鶏肉ささみ、鶏肉レバー、大麦、玄米、ビール酵母、鰹節、米油、乾燥卵黄、鹿肉、まぐろ、青パパイヤ末、モリンガ、サツマイモ、わかめ、乳酸菌、昆布、ミネラル類(牛骨カルシウム、卵殻カルシウム、塩化ナトリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリ酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE)です。



ドッグフードでアレルギーを起こさないために

犬がアレルギーを起こす原因はカビやノミ、食べ物、ハウスダスト、ダニ、など人間と同じです。ハウスダストやダニ、ノミが原因で起こる皮膚のアレルギーは、犬にとっては非常に痒いとされている、アトピー性皮膚炎を起こします。
そして、食物アレルギーは涙やけ、皮膚症状、下痢・嘔吐などのさらに辛い症状を引き起こすので、早いうちにアレルゲンを特定し、排除することが重要です。

もしもアレルギー症状がひどくなってしまった場合や治らない場合は、必ず動物病院で受診するようにしてください。自力で解決することは節約につながりますが、多少お金をかけても獣医さんの力を借りるようにしましょう。

アレルゲンを特定するには非常に根気と時間が必要となります。しかし、愛犬を苦しみから少しでも早く開放してあげられるように、飼い主さんも頑張りましょう。
それが愛犬と楽しく生活をしていくうえで一番大切なことなのです。

記事ランキング

商品ラインナップ

  • このこのごはん

    このこのごはん

  • お口げんき このこのふりかけ

    お口げんき
    このこのふりかけ

人気のタグ