コノコトトモニ

  • ログイン
  • ショップ

コノコトトモニ

  1. 犬に豆乳を飲ませても大丈夫?あげるときのレシピ・注意点を知って適切な量を!
犬に豆乳を飲ませても大丈夫?あげるときのレシピ・注意点を知って適切な量を! 犬に豆乳を飲ませても大丈夫?あげるときのレシピ・注意点を知って適切な量を!

犬の食事・ドッグフード

犬に豆乳を飲ませても大丈夫?あげるときのレシピ・注意点を知って適切な量を!

豆乳は栄養たっぷりの飲み物なので、犬にも飲ませたいと思う飼い主さんも多いでしょう。はたして犬に豆乳を飲ませても大丈夫なのでしょうか。今回は豆乳を犬に飲ませるときの注意点や豆乳に含まれる栄養とその効果・効能について解説していきます。

犬に豆乳を与えても大丈夫?

犬に豆乳を飲ませても大丈夫?アレルギーに注意して適量をあげよう

牛乳はダメでも豆乳はいいの?

人間が飲む牛乳を犬に与えるとお腹を壊してしまうことはよく知られています。
それは牛乳に含まれている乳糖を消化・分解するラクターゼという成分が犬の身体には備わっていないためです。生まれたばかりの頃の犬はラクターゼを持っているのですが、成長するとともにどんどん減っていきます。

一方、豆乳にはこのラクターゼが含まれていないため、与えてもお腹を壊しにくいのです。また、豆乳は大豆からできているので、乳製品のアレルギーがある犬にも安心して与えることができます。

犬には調整豆乳・無調整豆乳どちらがいいの?

豆乳には砂糖や塩などで味をつけている「調整豆乳」と、味付けをしていない「無調整豆乳」の2種類があります。
この2つのうち、犬に与えてもいい豆乳は味付けをしていない「無調整豆乳」です。なぜなら、調整豆乳のほうは乳糖が含まれていることが多いため、乳糖を身体の中で分解できる酵素を持っていない犬はお腹を壊してしまうことがあるからです。

無調整豆乳は大豆を茹でて絞った汁をそのままパックしたものです。そのため、大豆の青臭さやえぐみなどの独特な味がするので苦手な人が多いようです。

一方、調整豆乳は飲みやすいように塩や砂糖、香料などを使って作ったものです。甘いものが好きな犬は調整豆乳を好みますが、乳糖を分解することができない犬にはおすすめできません。愛犬の健康のために、無調整豆乳を与えるようにしましょう。

豆乳に含まれる栄養と犬に与える効果・効能

犬に豆乳を飲ませても大丈夫?アレルギーに注意して適量をあげよう

良質なタンパク質で身体をつくる

豆乳は大豆から作られていますが、大豆には豊富なタンパク質が含まれています。そして野生の頃、狩りをして肉を食べていた犬の身体には、そのタンパク質が重要な栄養素なのです。

そもそもタンパク質は犬の皮膚や被毛、爪はもちろん細胞、ホルモン、抗体などを作るための重要な成分です。そのため、タンパク質が足りなくなると皮膚が乾燥したり荒れることがあります。また、毛質が悪くなったり爪が弱くなって割れやすくなることがあります。

特に身体が成長する子犬のときにはタンパク質が必要不可欠なので、摂取させるといいでしょう。

イソフラボンやビタミンEの抗酸化作用で老化防止

豆乳には抗酸化作用をもつイソフラボン・サポニン・ビタミンEなどの抗酸化酸素という栄養素が豊富に含まれています。

身体の細胞が酸化すると、老廃物の排出が遅れたり細胞の老化によって認知症やガンなどの病気を引き起こします。豆乳に含まれるイソフラボンら含まれる抗酸化作用の働きは、細胞の酸化を抑制するためガンなどの病気の予防が期待できます。

この抗酸化酸素は体内で生成される酸素ですが、歳をとるとともにだんだん減っていくため食べ物から摂取していく必要があります。

また、イソフラボンにはエストロゲンの分泌を促進して、骨の中のカルシウムを溶け出さないようにする働きがあります。エストロゲンの分泌が減ることで骨にカルシウムを蓄える力が衰えてしまい、骨密度が低くなって骨がもろくなります。

エストロゲンも年齢を重ねるとともに減っていきますが、不規則な生活やストレスで減ることもあるので、骨を強くするためにイソフラボンを摂取させるといいでしょう。

オリゴ糖で腸内バランスを整える

腸内には善玉菌と悪玉菌という腸内細菌がいて、そのバランスをうまく保つことで腸内の健康を維持しています。
しかし、不規則な食生活や病気、ストレスなどの要因で腸内細菌のバランスが維持できないと悪玉菌が多くなってしまうことがあります。そうなると、腸内環境が悪くなって、下痢や便秘になったり老廃物が体外へ排出しにくくなり、栄養素を吸収できなくなってしまいます。

豆乳に含まれているオリゴ糖は腸内の乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の餌になる糖のことをいいますが、このオリゴ糖を摂取することで腸内の善玉菌が増えて腸内環境を整えることができます。

食べ物を摂取したときに腸内環境が整っていれば、必要な栄養をしっかり吸収することができ、老廃物を体外へ排出することができるのです。犬の健康のためにも腸内環境を整えるのは重要なことといえます。

犬に豆乳をあげるときの3つの注意点

犬に豆乳を飲ませても大丈夫?アレルギーに注意して適量をあげよう

大豆アレルギーがある犬にはあげないで

豆乳は乳製品アレルギーがある犬でも飲めますが、大豆から作られているので大豆アレルギーがある犬はアレルギー症状を引き起こす恐れがあります。アレルギー症状は皮膚の赤みやかゆみ、嘔吐や下痢などが見受けられます。

犬に豆乳を初めて飲ませるときは少量ずつ与えて様子を見るようにしましょう。最初は小さじ1杯程を2~3日飲ませてみて、様子に変わりがなかったら少しずつ増やしていきます。

下痢をしてしまうので冷たい状態で豆乳を与えない

犬に豆乳を与えるときは冷たい状態で与えるとお腹を壊してしまうことがあります。そのため、冷蔵庫から出してすぐに与えないで、常温に戻してから与えるようにしましょう。

腎臓が弱い犬に豆乳はNG

豆乳に含まれるカリウムは利尿作用があるため、与え過ぎると頻尿になることがあります。そうなると腎臓に負担がかかるため、腎臓が弱い犬には豆乳を与えるのは控えたほうがいいでしょう。

犬に豆乳をあげるときの適量は?

犬の身体の大きさにより量が違うので注意

犬に豆乳を飲ませても大丈夫?アレルギーに注意して適量をあげよう
犬の身体の大きさによって適量が異なります。5kgの犬には1日30ml程度が適量で、10kgの犬には1日50mlが適量です。分けて飲ませてもいいので、あげすぎに注意しましょう。

犬に豆乳をあげすぎると下痢や嘔吐の原因になる

豆乳が好きでよく飲んでいる犬は多いようですが、喜ぶからといってあげすぎると下痢や嘔吐の原因になることがあります。

また、豆乳を飲ませすぎると豆乳でお腹がいっぱいになり、普段の餌を食べなくなってしまうことがあります。豆乳は適量を守り、それ以上欲しがっても与えないようしましょう。

犬に豆乳をあげるときのおすすめレシピ

茹でたかぼちゃを豆乳に加えておやつに

犬に豆乳を飲ませても大丈夫?アレルギーに注意して適量をあげよう
かぼちゃは栄養価の高い野菜です。かぼちゃに含まれているビタミンEの抗酸化作用で、細胞の酸化を予防できるので老化防止やガン予防に役立ちます。

犬にかぼちゃを与えるときは栄養が高い部分である皮ごと茹でて潰して与えます。
かぼちゃはペースト状になると喉に詰まる恐れがあります。豆乳で伸ばしてスープにして与えることで、豆乳の栄養とかぼちゃの栄養の両方が摂取できるのでおすすめです。

食欲が落ちている時はドッグフードに豆乳をかけて

犬に豆乳を飲ませても大丈夫?アレルギーに注意して適量をあげよう
夏場など、犬の食欲が落ちている時にフードに豆乳をかけて与えることで食欲がアップすることがあります。ドッグフードにかける豆乳の量は前述したように、身体の大きさに合わせて調整しましょう。

犬の様子を見ながら適量の豆乳を与えよう

豆乳には豊富な栄養がたくさん含まれています。抗酸化作用の働きでガンや認知症の予防が期待でき、オリゴ糖の働きで腸内環境を整えるとができます。

大豆アレルギーがない犬であれば、適量を与えてもいいでしょう。しかし、アレルギーは飲み始めてすぐに症状が出ない場合があるので、豆乳を飲ませたときは愛犬の体調に気を配ることが大切です。

記事ランキング

商品ラインナップ

  • このこのごはん

    このこのごはん

  • お口げんき このこのふりかけ

    お口げんき
    このこのふりかけ

人気のタグ