コノコトトモニ

  • ログイン
  • ショップ

コノコトトモニ

  1. 愛犬と一緒に墓参りに行くときのマナー
愛犬と一緒に墓参りに行くときのマナー 愛犬と一緒に墓参りに行くときのマナー

犬の散歩・おでかけ

愛犬と一緒に墓参りに行くときのマナー

お盆やお彼岸には家族全員でお墓参りをするという人も多いですね。
そんな家族の一員である愛犬も一緒に、お墓参りに連れて行ってあげたいと思われる飼い主様もいらっしゃると思います。ですが、お盆やお彼岸の時期のお墓参りにはお参りをする方も多くいるため、愛犬を連れたお墓参りでは周りの方や飼い主様が不快な思いをしないための愛犬と一緒にお墓参りに行くときのマナーが重要です。
ここでは、愛犬と一緒にお墓参りに行くときのマナーをご紹介します。是非、ご覧くださいね。

お墓参りのときに気を付けたいこと

愛犬と一緒に墓参りに行くときのマナー

近年では、墓地も様々なタイプのものがあり、お墓が立ち並ぶだけではなく、緑豊かな公園のような墓地や風通しのよい丘のような墓地など愛犬を連れて行けそうな墓地が多くなりました。しかし、気軽に連れて入れそうな雰囲気の場所でも愛犬を墓地に連れて行く際には注意点がありますので、ここでお墓参りのときに気を付けたいマナーを確認していきましょう。

ペットの立ち入りが大丈夫か確認しましょう

愛犬と一緒にお墓参りをするときは、まずペットの立ち入りが大丈夫か確認することが大切です。緑豊かな公園のような墓地であったとしても実は、ペットの立ち入りを禁止にしていることもあります。特に、お寺や霊園が管理している墓地は宗派によって境内への立ち入り自体を禁止している場合もあるので愛犬を連れて行く前に、事前の確認を行うようにした方が良いでしょう。

お供えものや花を荒らさせないように気を付けましょう

愛犬と一緒に墓参りに行くときのマナー

愛犬を墓地に連れて入ることができた場合には、まずお墓に供えられたお供えものや花を愛犬に荒らさせてしまわないように気を付ける必要があります。お墓へのお供えものは花だけでなく愛犬が好む甘いお菓子や果物などが多く供えられているため、愛犬が匂いに寄せられて他所のお墓に入ってお供えものを食べてしまう可能性もあります。このため、飼い主様は愛犬のリードを短く持ち、愛犬から目を離さないように注意を払ってお墓参りをするように心がけましょう。

トイレは済ませてからお墓に行きましょう!

愛犬と一緒にお墓参りをする際には、墓地に入る前に愛犬のトイレは必ず済ませておきましょう。特に、お盆やお彼岸などはお墓参りをする人も多くいるため、万が一、愛犬が墓地の中でトイレをしてしまった所が目に付けばお墓参りをする方々に不快な思いをさせてしまうこともあります。飼い主様が愛犬を連れてお墓参りをする際には、墓地の中で愛犬に出来る限りトイレをさせないようにすることが飼い主として気を付けるべきマナーの一つと言えます。

もし、お墓でトイレをしたときは必ず後処理を!

愛犬と一緒に墓参りに行くときのマナー

墓地の中で愛犬に出来る限りトイレをさせないように飼い主様が気を付けていても、愛犬がお墓でトイレをしてしまったということもあります。もし、愛犬がお墓でトイレをしたときは、おしっこは水をかけて洗い流すことや愛犬のフンは持ち帰るなど、必ず後処理を行うことが愛犬とお墓参りをする飼い主様に求められる大切なマナーです。愛犬が、お墓でトイレをしたときは必ず後処理を行いましょう。

他所のお墓には入れないようにしましょう

愛犬がトイレをしてしまう可能性やお供えものを荒らしてしまうことが絶対に無いとは言い切れません。愛犬と一緒にお墓参りの際には他所のお墓には入れないようにすることがトラブルを防ぐ一番の方法と言えます。また、お盆やお彼岸などお参りの人が多い時期には犬が苦手という方もいらっしゃいますので、愛犬を抱っこしてお墓参りをすることや他所のお墓の前でトイレをしてしまわないように気を付けるなど周りの人が不快な思いをしないように最善の注意を払いましょう。

愛犬とお墓参りをする際は抱っこが好ましい

愛犬と一緒に墓参りに行くときのマナー

愛犬と一緒にお墓参りに行くときの好ましいスタイルの一つとして愛犬を「抱っこ」をしてお墓参りをするという方法があります。これは、愛犬のトイレ問題やお供えものを食べてしまう可能性、またお参りをする他の人への配慮を含めて愛犬に墓地の中を自由に歩かせないことが一番安心できて好ましいスタイルであるとされています。
しかし、中型犬や大型犬の場合は長時間の抱っこは不可能であるためリードを短く持って出来る限り、他のお墓やお参りをする人に近づかないように気を付けてお墓参りをしましょう。

お墓参りの際に車内に愛犬を残す場合は注意が必要

愛犬と一緒に墓参りに行くときのマナー

お墓参りの際に車内に愛犬を残す場合は注意が必要です。特に、夏場はクーラーを利かせていても車内の気温が上がりやすく、愛犬が熱中症になりやすいため飼い主様の目の届かない場所で長時間待たせるのは控えた方がいいでしょう。もしも、愛犬を車内で待たせる場合は、こまめに様子を見に帰って水分補給をさせることや車を日陰に停めて、クーラーを利かせてあげるなど細心の注意を払うことが大切です。

まとめ

お墓参りは家族の一員である愛犬も一緒に、お墓参りに連れて行ってあげたいと思われるのが飼い主としての気持ちですね。ですが、愛犬と一緒にお墓参りに行くときは周りの人への配慮が大切であり飼い主様に求められるマナーということになります。
大切なお墓参りで周りの方や飼い主様が不快な思いをしないためにも最後にもう一度、愛犬と一緒にお墓参りをする際の大切なマナーを確認しておきましょう。

ペットの立ち入りが大丈夫か確認しましょう
お供えものや花を荒らさせないように気を付けましょう
トイレは済ませてからお墓に行きましょう!
もし、お墓でトイレをしたときは必ず後処理を!
他所のお墓には入れないようにしましょう
愛犬とお墓参りをする際は抱っこが好ましい
お墓参りの際に車内に愛犬を残す場合は注意が必要

以上の注意点とマナーをふまえて愛犬と一緒にお墓参りに行きましょう。墓地にはお墓参りに来る方々だけでなく飼い主様のご先祖様が眠っていらっしゃいます。飼い主様が愛犬とお参りをする際のマナーを守り、正しくお墓参りをすることでご先祖様も喜んでくれることでしょう。ぜひ、愛犬と一緒に良いお墓参りにしてくださいね!

記事ランキング

商品ラインナップ

  • このこのごはん

    このこのごはん

  • お口げんき このこのふりかけ

    お口げんき
    このこのふりかけ

人気のタグ