コノコトトモニ

  • ログイン
  • ショップ

コノコトトモニ

  1. 犬がチョコレートを食べてしまったら?症状や中毒量・与えてはいけない理由を知って適切な対処を
犬がチョコレートを食べてしまったら?症状や中毒量・与えてはいけない理由を知って適切な対処を 犬がチョコレートを食べてしまったら?症状や中毒量・与えてはいけない理由を知って適切な対処を

犬の食事・ドッグフード

犬がチョコレートを食べてしまったら?症状や中毒量・与えてはいけない理由を知って適切な対処を

甘くておいしいチョコレート。食べていたら犬が欲しそうにこっちを見てきたことありませんか?そして1欠片くらいだったら…と与えてしまったことがある人もいるかもしれません。しかし、チョコレートには犬にとって強い毒になる成分が入っているので、絶対に与えてはいけません。この記事ではその理由と、食べてしまった時の対処法をご紹介いたします。

犬にチョコレートを与えてはいけない理由

チョコの原料カカオ豆には犬にとって強い毒になるテオブロミンが含まれる

チョコレートの原料となるカカオ豆には、テオブロミンという成分が含まれています。このテオブロミンの作用はカフェインと似た性質を持っています。

人間がコーヒーや紅茶などでカフェインを摂取すると、眠さが軽減されて目が覚める神経興奮作用や、尿が出そうになる利尿作用が起こります。犬の場合、この作用が病的に非常に大きく出てしまうのです。このことを感受性が高いといいます。

人間はテオブロミンに対して感受性が高くないため、食べても問題ありません。しかし犬の場合はテオブロミンに対して感受性が非常に高いため、摂取すると下痢・嘔吐などの中毒症状が現れます。

犬がチョコレートを食べてしまったら?現れる症状とは?

下痢や嘔吐

犬は摂取したテオブロミンを分解、排出する能力がかなり低いため、毒素が長い間体内に残っている状態になります。早く毒素を外に出すため口からは嘔吐を、お尻からは下痢をし、外に毒素を出そうとしているのです。

何度もおしっこに行く頻尿

カフェインを摂取した時の人間と同じように、何度もおしっこに行きたくなる利尿作用がテオブロミンには含まれています。そのため、犬は何度も何度もおしっこに行く頻尿を起こしてしまうのです。

身体が震える痙攣

精神不安状態や興奮から、身体の一部もしくは全身が震える痙攣が起こる場合があります。

脈がちゃんと打たない不整脈

血圧が上昇するため、脈が早くなったり遅くなったりして不整脈が現れることがあります。

ひどい場合だと昏睡や死に至るケースも

中枢神経興奮症状という、精神不安状態や興奮、昏睡などを起こす症状が見られる場合があります。

また、大量に摂取した場合、6時間~24時間以内に死に至る恐れもあります。チョコレートをあげてはいけないと知らず、数日間以上与えた場合も心不全で死に至るケースがあります。

チョコレートを舐めたり少量のかけらだけなら大丈夫?

犬がチョコレートを食べたときの中毒量は?

体重1kg当たり90~100mgのテオブロミンを摂取すると中毒症状が出て、250~500mg摂取すると致死量に値すると言われています。

ただし、犬によって感受性が異なるため、書かれている量よりも少ない量を口にしたからといって安心してはいけません。
チョコレートにはホワイトチョコレートやミルクチョコレートなど、いろいろな種類のチョコレートがあります。その種類によってもテオブロミンが入っている量は異なります。

  • ホワイトチョコレート(板チョコ)
  • 1枚あたり3~10mg

  • ミルクチョコレート(板チョコ)
  • 1枚あたり150~180mg

  • ビターチョコレート(板チョコ)
  • 1枚あたり450~600mg

  • ブラックチョコレート(板チョコ)
  • 1枚あたり1000~1200mg

    例えば…
    1枚のビターチョコレートを体重10kgの犬が誤食すると中毒症状が起きてしまいます。

高カカオのチョコレートやココアも犬にとっては危険!

チョコレートの原料であるカカオにテオブロミンが含まれているため、高カカオと謳っているチョコレート類やココアパウダーは非常に危険です。

その他にも犬にとって危険なチョコレートケーキやお菓子類

板チョコ以外にも注意しなければならないチョコレートが入っている食べ物はたくさんあります。チョコレートは犬が届かない位置に置くよう注意しましょう。

  • 一口大のチョコレート
  • 板チョコなどの大きなチョコレートの場合は食べるのに時間がかかり、食べている途中に飼い主さんが見つけることができる可能性は高いです。
    しかし、一口大の大きさのチョコレートは、飼い主さんがよそ見しているうちに口の中にいれて飲み込んでしまう場合があります。

  • 製菓用チョコレート
  • 製菓用チョコレートは一般的に販売されている板チョコよりもカカオ成分が多く入っています。そのため、テオブロミンの量も多くなっています。

    もしも犬がチョコレートを食べてしまったら、製菓用チョコレートのパッケージを持参してすぐに獣医さんに見てもらいましょう。パッケージを持参することで、獣医さんもどのようなものをどれだけ食べたのかわかりやすくなります。

  • ココア
  • チョコレートと同じようにカカオ豆から作られたココアも注意が必要な食材です。
    ココアにはブラックチョコレートと同等、またはそれ以上のテオブロミンが入っているので、少量舐めただけでも非常に危険です。

  • チョコレートアイス
  • チョコレートアイスそのものや、床に垂れてしまった場合も気を付けなければいけません。アイスが垂れたらすぐに床を拭き、舐めさせないようにしましょう。
    また、食べ終わったアイスのゴミを犬が漁らないように、アイスのカップやスプーンなどのゴミは密閉した状態か、犬の手の届かないゴミ箱に捨てましょう。

  • チョコレートパン
  • パンにはチョコレート生地やチョコチップが入っているものがあるので、うっかり与えてしまわないように気を付けましょう。
    また、子どもが食べているチョコパンを飼い犬が無理やりとってしまった例もあるようです。目を離さないように注意しましょう。

  • ナッツ入りチョコレート
  • ナッツには中毒の原因になるものがいくつかあり、その代表にマカダミアナッツがあります。また、ナッツは高脂肪で犬にとって消化しづらい食べ物なので、誤食しないように気を付けなければなりません。

    犬がチョコレートを誤飲したときの対処法

    まずは病院に行きチョコレートを吐かせる

    犬が少しでもチョコレートを舐めたり食べたのに気づいたら、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

    一般的には動物病院で胃の中のものを吐かせます。それは、犬は摂取したテオブロミンを分解、排出する能力がかなり低いため、長時間体の内に毒素が入っている状態になるからです。そしてテオブロミンの毒を解毒する解毒薬は存在しません。そのため、口から吐いて出させます。

    飼い主さんの中には家で吐かせようとする方もいるようです。しかし、プロではない飼い主さんが吐かせるのは犬にとってかなりの負担になりますし、家の中で吐く、吐かないを繰り返してる時間が結果的に犬の体内に毒素を回らせてしまう時間になります。
    そのため、家で対処はせずに一刻も早く動物病院へ連れて行ってあげてください。

    胃の洗浄・活性炭の投与

    動物病院でうまく吐けなかった場合、胃洗浄という胃の内容物を洗い流す治療をします。また、毒性物質を吸着し、身体に吸収するのを防いでくれる活性炭を投与する場合もあります。

    胃の洗浄を行う場合も、活性炭を投与する場合も、点滴や血液検査を同時に行います。そうすることで、興奮状態になってしまった犬の体を休ませるのです。

    対処療法

    下痢や嘔吐などの症状が現れた場合は、その時その時に応じて対応する対処療法を行います。

    吐かせたり胃洗浄した後も下痢をしている場合は下痢止めを飲ませたり、嘔吐を止める薬を飲ませる場合もあります。

    犬にチョコレートを食べさせないためには

    お留守番させるときはケージに入れる

    誤食、誤飲で一番多いのは飼い主さんが外出して犬だけで家にいる時です。

    お留守番の時間、犬は部屋の中を歩き回り、器用に戸棚や引き出しを開けてしまいます。犬はとても鼻がいいため、飼い主さんがどこに食べ物を隠したのかわかってしまいます。

    誤食を防ぐためにも、お留守番の時はゲージで過ごさせるようにしつけをすることが大切です。

    犬の届くところにチョコレートを置かない

    室内で人間と一緒に生活している犬は、飼い主さんがチョコレートを美味しそうに食べているのを羨ましいと思っています。美味しそうな甘い匂いのするチョコレートやお菓子は、犬の手の届かない所におきましょう。
    また、棚にしまう場合も、犬が開けてしまわないように高いところにしまいましょう。

    犬のしつけをしっかりする

    どんなに気をつけていても、ぽろっとチョコレートを落としてしまうことがあるかもしれません。

    そんなとき、すぐに「待て」と言って待てができれば、愛犬がチョコレートを誤食することはありません。目先のチョコレートよりも飼い主さんの言うことを聞くように、しっかりとしつけをしましょう。

    犬にチョコレートは非常に危険!絶対に与えないように

    チョコレートのカカオに含まれているテオブロミンには、どれ程の危険があるかご理解いただけたでしょうか。

    もしも誤飲してしまったら、家でどうにかしようとせず、すぐに動物病院に連れて行き獣医さんに見てもらいましょう。

    記事ランキング

    商品ラインナップ

    • このこのごはん

      このこのごはん

    • お口げんき このこのふりかけ

      お口げんき
      このこのふりかけ

    人気のタグ