コノコトトモニ

  • ログイン
  • ショップ

コノコトトモニ

  1. 犬にリンゴジュースを飲ませてもいい?100%ジュースはOKでも濃縮果汁はダメ?6つの注意点も知っておこう
犬にリンゴジュースを飲ませてもいい?100%ジュースはOKでも濃縮果汁はダメ?6つの注意点も知っておこう 犬にリンゴジュースを飲ませてもいい?100%ジュースはOKでも濃縮果汁はダメ?6つの注意点も知っておこう

犬の食事・ドッグフード

犬にリンゴジュースを飲ませてもいい?100%ジュースはOKでも濃縮果汁はダメ?6つの注意点も知っておこう

りんごは栄養がたっぷりの果物で、私たちが食べるとその優れた健康効果が期待できます。そして、与える量と与え方に注意すれば犬が食べても大丈夫な果物です。では、リンゴジュースはどうなのでしょうか。この記事ではリンゴジュースを犬に与えてもいいのかを解説していきます。

犬にリンゴジュースを飲ませてもいいの?

犬にリンゴジュースを飲ませてもいいの?飲ませてもいい種類と飲ませるときの注意点6つ

リンゴジュースには「100%ジュース」と「濃縮果汁」の2種類がある

リンゴジュースには、絞ったリンゴの果汁をそのまま低温で冷凍保存した、果汁100%の「ストレートタイプ」と、「濃縮還元」があります。

濃縮還元タイプのリンゴジュースはリンゴの果汁を絞って加熱して水分を飛ばしたものを冷凍保存します。そして、そこに砂糖や保存料などを加えています。

犬にあげてもいいのは100%のリンゴジュース

犬にリンゴジュースを飲ませてもいいの?飲ませてもいい種類と飲ませるときの注意点6つ
犬に飲ませてもいいのは100%果汁のリンゴジュースです。

濃縮還元は甘味料などを加えているので、犬にあげるのには適していません。また、犬に与えるリンゴジュースの量は1日当たり約150ccです。

リンゴジュースが与える犬への健康効果

犬にリンゴジュースを飲ませてもいいの?飲ませてもいい種類と飲ませるときの注意点6つ

食物繊維で腸内環境の改善

リンゴに含まれる食物繊維は適量を摂取すれば腸内環境改善が期待できます。リンゴにはペクチンという食物繊維が含まれていますが、この働きは腸内の悪玉菌の増殖を抑えてくれるものです。
そして、腸内環境がよくなれば腸内の老廃物を体外へ排出する働きが活発になるので免疫力アップにもなります。免疫力が上がれば風邪などの予防にもなるので、犬の健康維持に繋がります。

ポリフェノールの抗酸化作用で老化予防

リンゴにはポリフェノールが豊富に含まれていますが、このポリフェノールは犬の身体に良いさまざまな健康作用を持っています。

そのひとつは、強い抗酸化作用による血管のケアです。血液中に悪玉コレステロールが増えると老廃物が血管に付着して血管を狭くして動脈硬化を起こします。ポリフェノールは強い抗酸化作用によって、血液中の悪玉菌増殖を抑えることで血液をサラサラにして動脈硬化を予防します。
また、細胞の酸化を防ぐことで老化を予防することができるのもポリフェノールの働きのひとつです。

リンゴ酸やクエン酸で疲労回復

犬にリンゴジュースを飲ませてもいいの?飲ませてもいい種類と飲ませるときの注意点6つ
リンゴには「リンゴ酸」や「クエン酸」という疲労回復に役立つ成分が豊富に含まれています。

犬の身体は人間と同じように激しい運動をすると、体内に疲労物質である乳酸が溜まります。それをそのままにしておくと疲れを感じ、免疫力が低下して病気にかかりやすくなってしまいます。リンゴ酸やクエン酸にはこの乳酸を分解する働きがあるため、疲労回復が期待できます。

カリウムで高血圧予防

犬は高齢になると高血圧になりやすくなります。その予防にりんごに含まれるミネラルのひとつであるカリウムが役立ちます。カリウムには利尿作用があり、体内で余分になったナトリウム(塩分成分)を排泄するので高血圧の予防に期待できます。

バランス良いビタミンで免疫力アップ

犬は人間と同じように歳を取ると身体のさまざまな機能が衰えてきます。そのひとつにビタミンの生成能力の低下があります。また、風邪をひいているときなどは普段よりもビタミンCを消費します。このようなときは食べ物からビタミンCを補給するように心がけてあげるようにしましょう。

犬にリンゴジュースを与えるときの注意点6個

犬にリンゴジュースを飲ませてもいいの?飲ませてもいい種類と飲ませるときの注意点6つ

リンゴジュースを与えすぎない

いくら優れた栄養が含まれているからといって、与え過ぎはよくありません。

リンゴジュースは食物繊維が多く含まれていて、適量を与えることで腸内環境の改善に役立ちますが、過剰摂取すると便秘や下痢の原因になることがあります。

犬に初めてリンゴジュースを与える時は、水で3~4倍に薄めて飲ませるようにしましょう。そして、飲ませた後は犬の様子や体調に気を配り、便の様子をチェックしましょう。普段と変わりない様子なら少しずつ水を減らしていきましょう。

リンゴは皮にポリフェノールが多く含まれているので、皮ごとジューサーですりおろすのもいいでしょう。

犬のリンゴアレルギーに注意

リンゴに限らずどんな食べ物でも初めて食べさせる時は、その食べ物に対してアレルギーがないか注意する必要があります。

アレルギー症状は食べた直後に出ず、数日してから出る場合があります。そのため、初めてリンゴジュースを飲ませたら数日は様子を見るようにしましょう。

犬にあげるときはリンゴの皮をよく洗う

犬にリンゴジュースを飲ませてもいいの?飲ませてもいい種類と飲ませるときの注意点6つ
リンゴの皮には豊富なポリフェノールが含まれているので、皮ごとすりおろしたジュースを飲ませるのが良いのですが、皮ごと与えるときには注意が必要です。

有機栽培のリンゴの場合はあまり心配がありませんが、皮にはニスや農薬が付着している恐れがあります。そのため、犬に食べさせる前はよく洗ってからにしましょう。
また、皮は犬には消化しにくいためそのまま与えるのはやめましょう。

犬にあげるときはリンゴの種や茎は取り除いてあげるか細かく刻む

リンゴの種・葉・茎には「アミグダリン」という物質が含まれていますが、この成分は犬にとっては中毒性があるので与えないようにしましょう。

アミグダリンが体内に入ると青酸毒が発生し、中毒症状を起こしてしまいますがこの中毒に対しての解毒剤が存在しません。中毒を起こすと命に関わる重大な状態に陥ることがあります。

肥満の犬には糖質の高いリンゴをあげすぎないように

リンゴ1個には糖質が約30gが含まれていて、バナナ1本の糖質が21.4gであるのと比べると糖質が多い果物だということがわかりますす。そのため、肥満の犬や太りやすい犬にはあげすぎないようにする必要があります。

腎臓病の犬にはリンゴを与えないように注意

カリウムは腎臓病を患っている子には避けたい栄養素でもあります。腎機能が低下していると、カリウムを上手く体外に排出できず、血中のカリウム濃度が高くなる高カリウム血症になるリスクがあります。
高カリウム血症にかかると、筋力の低下や不整脈が起こる他、重篤化すると心停止になることもあります。

腎臓病に限らず犬が病気を抱えている場合は、獣医師の指示を仰いでからリンゴジュースを与えるようにしましょう。

愛犬にリンゴジュースをあげるときは量や与え方に気をつけよう

リンゴジュースは良い香りでおいしいため、犬も喜んで飲むでしょう。
初めてあげるときは水で薄めて少量ずつ与え、体調の変化がないか様子を観察することが大切です。また、アレルギー症状が出ないかもしっかり確認してから少しずつ増やしていきましょう。

リンゴジュースは市販のものを購入するなら、濃縮還元ではなく100%ジュースのものを選ぶことも重要です。リンゴをジューサーで絞って与えるのもおすすめです。
与え方に気をつけて、飼い主さんと一緒におやつの時間を楽しむといいでしょう。

記事ランキング

商品ラインナップ

  • このこのごはん

    このこのごはん

  • お口げんき このこのふりかけ

    お口げんき
    このこのふりかけ

人気のタグ