コノコトトモニ

  • ログイン
  • ショップ

コノコトトモニ

  1. 犬にドライフルーツを与えても大丈夫?中毒に気をつけたい4つの代表的な果物とは
犬にドライフルーツを与えても大丈夫?中毒に気をつけたい4つの代表的な果物とは 犬にドライフルーツを与えても大丈夫?中毒に気をつけたい4つの代表的な果物とは

犬の食事・ドッグフード

犬にドライフルーツを与えても大丈夫?中毒に気をつけたい4つの代表的な果物とは

人間にとって栄養豊富で健康、美容に良いとされている人気のドライフルーツ。愛犬に与えても大丈夫かな?と気になるところです。今回はその疑問について、注意点やおすすめしたいポイントなど気になる情報をご紹介いたします。

犬にドライフルーツを与えても大丈夫?

ドライフルーツ

人間にとって健康や美容に良いことで人気の「ドライフルーツ」。そこで疑問に思うのが愛犬にも与えても大丈夫かどうかですよね。今回はその疑問にお答えします。

ドライフルーツは栄養豊富?

私たちにとって健康や美容に良いとされているドライフルーツは栄養素が豊富で生の果物よりも凝縮されています。ヨーグルトにいれたり、そのままおやつとして食べたり使用法はさまざまです。

そこで疑問に思うのが人間の身体に良いのなら愛犬にも与えて大丈夫なのではないかということ。しかし、犬にとっては糖質や繊維質の過剰摂取になってしまい下痢や嘔吐など身体に悪影響を起こす原因になる場合があります。

その反対に犬にとって身体の健康に役立つものもあるので、愛犬にとって与えて良いものとダメなものの正しい知識を身につけることが重要です。

アレルギーや中毒症状を引き起こす果物に注意!

ドライフルーツは果物を天日干しにし、砂糖漬けにしたものなので犬にとっては糖質の過剰摂取になってしまう場合があります。また、果物によっては犬に中毒症状を引き起こさせるものがあるので、どの果物を犬に食べさせてはいけないのかを知っておく必要があります。

そして人間同様、犬にもアレルギーがあるので個体によっては下痢や嘔吐、発疹などのアレルギー症状が引き起こされる場合があります。

ドライフルーツの保管管理はきちんと!

先ほど説明したように、ドライフルーツは犬にとって身体に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあります。そのためドライフルーツの保存管理はきちんと行いましょう。
愛犬が届く場所に置いてしまったり蓋を開けっ放しにしていたり、愛犬が食べてしまうかもしれない状態を作らないように気をつけてください。

万が一食べてしまった場合は、かかりつけの動物病院に連絡し適切な対応をしましょう。

愛犬に与えてはいけないドライフルーツ4選

犬に絶対与えてはいけないドライフルーツの種類をご紹介いたします。

ぶどう(レーズン)

ぶどうはポリフェノールが豊富で、人間にとっては生活習慣病や老化予防に役立つ果物です。

しかし、犬がぶどうを食べると下痢や嘔吐などを引き起こし、ひどくなると急性腎不全を起こす恐れがあります。干しブドウは生のぶどうよりも中毒症状が強く出る危険があるので、犬には与えないようにしましょう。

プルーン

プルーン

プルーンを犬が食べたことで呼吸困難を引き起こしてしまう場合があります。その毒性は乾燥することでより強くなるので犬にプルーンを与えてはいけません。

また、プルーンには食物繊維が豊富に含まれているので、犬の身体には負担をかけてしまいます。食物繊維を消化するのが得意ではない犬が過剰に食物繊維を摂取してしまうと、下痢や便秘になってしまう恐れがあります。こうした面からもプルーンは犬に与えるべき果物ではないといえます。

いちじく

いちじく

カルシウムや鉄など栄養素が豊富でアンチエイジングなど美容に良いとされているいちじくですが、犬が食べてしまうとよだれが止まらなくなったり、嘔吐、口内炎症などのアレルギー症状を引き起こしてしまうことがあります。

いちじくの場合、生の物だけでなく、加熱した物もドライフルーツも同様に危険です。

グレープフルーツ・レモン

ビタミンCやクエン酸が豊富で免疫力の向上や美肌効果に良いとされているグレープフルーツとレモンですが、外皮に中毒成分が含まれおり、犬が食べてしまうと下痢や嘔吐などの症状を引き起こしてしまうことがあります。

添加物が使用されているドライフルーツ

市販されているドライフルーツには添加物が使用されているものが多いので注意が必要です。多くのものが砂糖や着色料、香料などの添加物が使われていて、犬の体によいとはいえません。

愛犬の身体にいいものを、と考えるのであれば添加物が使用されていないものを与えたいですよね。犬にドライフルーツを食べさせるときは、無添加・無農薬のものを選んであげるようにしましょう。

高温処理によって製造されたドライフルーツ

生の果物は豊富な栄養素が含まれているものが多く、犬の健康に役立つ食べ物です。

しかし、ドライフルーツは高温で加工処理されることでその豊富な栄養価を低下させてしまいます。ビタミンなどの栄養素は熱に弱く、ドライフルーツに加工することでその栄養効果が効率よく摂取できなくなってしまうのです。
高温処理によって作られたドライフルーツは犬に与えても栄養効果が期待できないため、おすすめできません。

ドライフルーツを愛犬に与える場合は犬用を

犬にドライフルーツを与えるなら、犬用に加工されたものを選ぶようにしましょう。人間のために作られたドライフルーツには砂糖や添加物が含まれているものが多いため、犬には適していません。

ペット用のドライフルーツは栄養価が低下しないように、低温で長時間乾燥するなどの工夫が施されています。愛犬に安心安全なドライフルーツを与えるためには、国産の果物を使用して国内で加工製造されたものを選ぶといいでしょう。

ドライフルーツについてきちんと知って愛犬に良い選択を!

ドライフルーツを犬に与える場合は糖質や食物繊維、添加物、原料の質などが記載されているものや、犬に与えてはいけないフルーツなど事前にきちんと把握する必要があります。
そして、犬用のドライフルーツや手作りのドライフルーツを作ってあげるなど愛犬にとって良い選択をしてあげましょう。

記事ランキング

商品ラインナップ

  • このこのごはん

    このこのごはん

  • お口げんき このこのふりかけ

    お口げんき
    このこのふりかけ

人気のタグ