コノコトトモニ

  • ログイン
  • ショップ

コノコトトモニ

  1. 犬が歯磨きを嫌がる時ちょっとしたコツで歯磨き上手に!
犬が歯磨きを嫌がる時ちょっとしたコツで歯磨き上手に! 犬が歯磨きを嫌がる時ちょっとしたコツで歯磨き上手に!

犬のしつけ・お手入れ

犬が歯磨きを嫌がる時ちょっとしたコツで歯磨き上手に!

犬のマズルはとても敏感な場所です。なかなか触らせてくれず、思うように歯磨きが出来なくて、もどかしい思いを抱えている飼い主さんも多いのではないでしょうか。しかしそのままにしておくと、歯石が付着し歯周病になり、最悪の場合抜歯やあごの骨が溶けてしまう事もあります。このような最悪の事態を防ぐためにも、日々愛犬の歯のケアをしてあげることは、とても重要な事なのです。

人間と違って犬は自ら歯医者さんに行くことが出来ません。少しずつで良いので日々のケアを大切にしていきましょう。

犬が歯磨きを嫌がる時の対処法はコレ!

まずは口に触られる事を慣れさせよう

犬は口元がとてもデリケートなので、触られるのが苦手な子がたくさんいます。その為、口周りを触られても平気になる事が、スムーズな歯磨きへの第一歩です。ブラッシングやスキンシップの際にさり気なく指や手のひらで口周りを触るようにしてみましょう。触らせてくれるようになったら、少しずつ接触時間を増やしてみてください。そして、口元を触らせてくれるたびに褒めてあげましょう。おやつをあげるのもGOOD!

『歯を触られた後には良いこと・嬉しいことがある』と愛犬に印象をづける事が大切です。この段階が何よりも時間がかかりますので、飼い主さんは焦らずに気長に愛犬の歯磨きにトライしてみてください。歯磨きは習慣にすることが大切ですので、飼い主さんも愛犬も無理なく続けられるようにする事が大切です。

ポイント

① 最初は顔や口元をなでるようにしてタッチ、少しずつ触る時間を延ばしていきます。

②愛犬が触られる事に慣れてきたら、今度はマズルをそっと掴むようにして握ってみてください。

③掴めるようになったら、唇をめくり前歯・歯肉・犬歯など触りやすい場所から触っていきましょう。

④③が出来るようになった頃、奥歯などに触っていって、口の中に触られる事に慣れさせてあげてください。

この時に指にわんちゃんが好きな味のペーストやチーズなどを塗ってみるとわんちゃんに嫌がられる可能性は低くなります。

①~④のどれにも言える事ですが最初は短時間で切り上げ、愛犬が嫌がった時にはすぐに作業をストップして下さい。無理強いをすると警戒されて歯磨きする事自体が困難になってしまいます。

まだ嫌がるならガーゼで歯磨きをしてみよう

口を触られる事が平気になってきても歯ブラシを口に入れたとたん、わんちゃんが嫌がってしまい、しっかりと磨ききれない場合もあります。自分の口に異物が入ってくる訳ですから嫌がるのも当然です。

口に歯ブラシを入れられることが苦手なわんちゃんには「指にガーゼを巻いて歯磨き」を試してみましょう。ガーゼでこすってあげる事でも歯磨き効果はあります。硬い歯ブラシと違い、飼い主さんの指の感触があるためわんちゃんも受け入れやすいです。

仕様するガーゼは人間用ガーゼでも大丈夫です(もちろん一番良いのは犬の歯磨き用シートです)。人間用を使用する際には、歯肉や歯のエナメルを傷つけないように柔らかめのものを選んであげて下さい。そしてしっかりと指にガーゼを巻いて、水あるいはぬるま湯をガーゼに浸けましょう。

強くこすらず、最初は撫でるくらいの感覚で前歯や犬歯を拭いていき、奥歯まで触れるようにしていきます。この時は口を閉じたままでもOKです。

閉じたままで触る事になれていったら今度は口を開けてもらい、歯の内側を触っていきます。嫌がる時はガーゼに歯磨きペースト(歯磨きクリーム)やわんちゃんの好きなおやつをつけてみましょう。ペーストの味をわんちゃんが気に入れば嫌がる頻度も減ります。

わんちゃんが「口の中に指が入ってくることは怖いことじゃない」と覚えてくれるまで根気強くくりかえしていきましょう。人間と同じく口の中には細菌がたくさんあるので、使用後のガーゼは洗濯もしくは使い捨てるようにして下さい。

歯磨きを嫌がる老犬にもガーゼ歯磨きがおすすめ!

老犬になってから口臭が気になってきた、健康のために歯磨きをしたほうが良いのかも?と考え始める飼い主さんもいらっしゃるかと思います。

今まで歯磨きの習慣が無かった老犬にもガーゼ歯磨きがおすすめです。老犬になるまで歯ブラシを使わなかったわんちゃんに、歯ブラシでの歯磨きを習慣化させることはかなり難しく、わんちゃんにとっても酷な話しです。前述したようにまず口周りに触られる事に慣れさせ、口の中に指が入る事に抵抗がなくなってきた頃にガーゼを巻いた指でそっと歯に触れてください。歯に触られる事に慣らしていき、わんちゃんが嫌がらなくなってきた頃に前歯・犬歯・奥歯など触りやすい場所からこすっていきましょう。

老犬の歯茎は若いころよりも脆くなっています。強くこすらないように気を付けて下さいね。

どうしてもだめなら軍手を付けて歯磨きしよう

嫌がるわんちゃんが抵抗するあまり、飼い主さんの指を噛んでしまう事があります。どんなに可愛いわんちゃんであっても流血沙汰は避けたいところ。歯ブラシやガーゼ歯磨きを嫌がった際は、手に軍手をはめて歯磨きをしてみましょう。

歯磨きで使う軍手は滑り止めがついていないものを選び、わんちゃんの歯磨き以外には使わないでください。ガーゼだとどうしても緩んでしまって歯磨き中にまき直しの必要がありますが、軍手であればそのような心配はありません。装着も手にはめるだけで簡単ですし、焦らずに歯磨きをすることができます。多少噛まれたとしても痛くありませんし、飼い主さんが怪我をする可能性もガーゼよりぐっと下がります。

焦らずにじっくりと飼い主さんのペースで歯磨きをしてあげて下さい。

歯磨きを嫌がる犬にはこれを活用しよう!

歯磨き専用のガム

どうしても嫌がり歯磨きが出来ない子もいます。これはわんちゃんの性格や、そもそも歯磨きがしづらい犬種であったり、様々な理由が挙げられます。歯ブラシ・ガーゼ・軍手以外にもわんちゃんの歯磨きに役立つものがありますので飼い主さんは心配しないでくださいね。

歯を磨くのにどうしても慣れず、苦手なワンちゃんには歯磨き用のガムを与えてみましょう。歯磨き用のガムは噛んで歯垢を落とすように設計されています、味もわんちゃん好みになっていますので習慣化しやすいです。歯磨き専用のガムを選ぶ際のポイントは、歯磨き効果があること、愛犬が好む味であること、ガムの大きさがわんちゃんに合っていることの確認です。またガムの誤飲が無いよう、わんちゃんが噛んでいる時は飼い主さんが見守るようにして下さい。

そして、必ずわんちゃん用のガムをあげるようにしてください。人間用のガムには中毒症状を起こすキシリトールが入っている場合があります。

まとめ

わんちゃんの歯磨きの必要性に関してはまだまだ認知が低く、歯磨きが出来るまでいくつもの段階があるため、途中で挫折してしまう飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

わんちゃんにとって口周りを触られる事が何よりの苦痛なので、どの段階でもクリアできたらご褒美をあげて沢山褒めてあげてください。

歯磨きのポイント

➀普段行っているスキンシップと一緒に、わんちゃんの口周りを触ってみましょう。

口周りを触らせてくれるのに慣れてきたら、今度は口の中を触っていきましょう。

②ガーゼを指に巻いたり軍手をはめたりして、前歯から順にこすっていってあげて下さい。

③ガーゼ・軍手に慣れてきたら、今度は歯ブラシを前歯にあててみましょう。

④前歯にあてることに慣れてきたら、犬歯や奥歯など触れる場所を増やし、歯磨きをしていってあげてください。

人間でも同じことが言えますが、健康を維持するために歯はとても重要な器官です。愛犬にこの先もずっと健康でいてもらうためにも、ぜひ歯磨きを習慣化していきましょう!

記事ランキング

商品ラインナップ

  • このこのごはん

    このこのごはん

  • お口げんき このこのふりかけ

    お口げんき
    このこのふりかけ

人気のタグ